うつらうつらの例文や意味・使い方に関するQ&A

「うつらうつら」の類語とその違い

Q: うつらうつら と うとうと はどう違いますか?
A: 辞書を見た限り、ほとんど同じだと言えると思います。

うつらうつら
1 《「うつ(空)」に接尾語「ら」の付いた「うつら」を重ねた語》

㋐疲労などのために浅い眠りにひきこまれるさま。「熱が高くて一日じゅう―としていた」「退屈な話を聞かされてついうつらうつらする」

㋑心がぼんやりしているさま。茫然 (ぼうぜん) 。
「朝な夕なに梧桐 (ごとう) を眺めくらして、―として居た」〈漱石・野分〉
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/19858/meaning/m0u/


うとうと
[副](スル)眠けを催して浅い眠りに落ちるさま。「仕事中についうとうとしてしまった」
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/19969/meaning/m0u/

感覚としては、「うとうと」の方が一般的によく使う気がします。また、どちらかと言うと「眠気でうまく頭が働かない場合」が「うとうと」、「起きていなければならない時に、眠気で船を漕ぐ状態」が「うつらうつら」という感覚です。
(船を漕ぐ(ふねをこぐ): 眠気で頷いているように頭が動くという意味の慣用句)
Q: うつらうつらする と 抜けてる と うとうとする と ボーとしてる はどう違いますか?
A:うつらうつらする」と「うとうとする」はどちらも眠くて今にも寝そうになっている状態を表します。

「ぼーっとしてる」は、何も考えいない状態、心ここに在らずな状態を表します。

「抜けてる」は、覚えておかなくてはいけないことを忘れている状態を表します。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

うつらうつら

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問