ご時世の例文や意味・使い方に関するQ&A

「ご時世」を含む文の意味

Q: このご時世、名ばかりのたいしたことのないものが多くて辟易していたのですよ とはどういう意味ですか?
A: このご時世
⇨最近の世の中

名ばかりの
⇨外見だけがすごい

たいしたことのないもの
⇨つまらないもの、全然すごくないもの

辟易していたのですよ
⇨うんざりしていたのですよ、嫌気がさしていたのですよ
Q: このご時世、もっと図太く生きなきゃ とはどういう意味ですか?
A: こんな世の中なんだから、もっと逞しく図々しく生きなければ。

「ご時世」の使い方・例文

Q: ご時世 を使った例文を教えて下さい。
A: コロナ禍のご時世では、外にでるのもおっくうになる。

「ご時世」についての他の質問

Q: このご時世、無事に過ごせるのは最高ですよ。 この表現は自然ですか?
A: × このご時世、無事に過ごせるのは最高ですよ。
✓ このご時世、無事に過ごせるだけで最高ですよ。

Q: ご時世の発音を音声で教えてください。
A: QAの全文をご確認ください

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

ご時世

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問