だにの例文や意味・使い方に関するQ&A

「だに」を含む文の意味

Q: だにやん とはどういう意味ですか?
A:

だにやん ーーー 意味不明

前後の文章を調べてください。

「だに」の類語とその違い

Q: だに と すら はどう違いますか?
A:

だに」と「すら」に共通する意味として(さえ)があります。難しい言葉で(類推)と言います。
例)外は真っ暗で、月の光だにない。
外は真っ暗で、月の光さえない。

だに」には(せめて○○だけでも)という意味があります。難しい言葉で(最低限の希望)です。
例)あなたがこの家を出ていくとしても、あなたがくれたこの花だに残ってくれていればいいです。

「すら」には(○○までも)という意味があります。難しい言葉で(強調)です。
例)猫すら行儀よく食べるのに!あなた
はなんで行儀よく食べれないの?

だに」は日本の古語で今はあまり使われません。「予想だにしない」(この場合の「だに」は(類推)の意味)しか見たことないです。普通に使うなら「すら」を使います。
Q: すら と だに はどう違いますか?
A: ありがとうございます😊
Q: だに と さえ はどう違いますか?
A: 意味はほとんど同じですが、「だに」は古い表現です。今はあまり使われませんが、ときどき「想像だにしない」などの形で使われることがあります。
Q: だに と すら はどう違いますか?
A:だに」は少し古い助詞で、現在ではあまり使われません。一般には「予想だにしない」のように、否定文とともに使われます。
それ以外の場合は、「すら」が使われると思います。

「だに」についての他の質問

Q:だに」の前に動詞の過去形をつけられますか。例えば、「考えただに恐ろしかった」という表現がありますか。
A: だには古語で、現代では定形(慣用)表現でしか使われません。なので「考えただに」は使いません。
もちろん古語としては「見たるだに」のように「過去+だに」は使われていました。
Q:だに」と「さえ」は同じ意味ですか?「考えるだに恐ろしい」のようなフレーズをよく見ますが、「だに」は「さえ・すら」と同じ意味を持つとすれば、以下のフレーズは文法的にはOKですか?ならば、感じ的な違いは何?

①私は風邪をひいて、水さえ飲めない。
②私は風邪をひいて、水だに飲めない。
③私は風邪をひいて、水すら飲めない。
A:だに」は古語で今はもう使われていません。
ですから②の「だに」の用法は古典文学など特別な場合を
除き不要です。

元の意味は「せめて…だけでも」という意味でした。
例文)
原文    花だに見む。
現代語訳  せめて花だけでも見よう。
 
今から1000年前くらいからは「…さえも」「…でさえ」「…だって」
という意味になりました。
Q: おはようだにゃん what is「だにゃん」?
A: just acting cat

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

だに

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問