フリの例文や意味・使い方に関するQ&A

「フリ」を含む文の意味

Q: フリ とはどういう意味ですか?
A: ◯例:「行きたくないフリをする」

フリは、カタカナで書く場合は、おそらく「振る」という動詞の連用形での
名詞化から来ています。

基本的な意味は、「本当はそうではないのに、そうであるかのように外見を装う」
ということで、他の回答が英語に相当する単語として、pretending を示したように、
pretend as if it were 〜 という意味で、実際にはその反対である、という含意です。

つまり、冒頭の例でいえば、「本当は行きたいきもちなのに、行きたくないかのように
装う」ということです。

「そぶり(素振り)」という単語がありますが、これは、「そ+振り」で、それは、
もともとは、「する+振り」が音便になって、「そぶり」となりました。
「知らない素振り」、という組み合わせでよく使われます(少し古風な言い方です)。
知っているのに、知らないかのように、振る舞う、という意味です。

これがさらに、口語的に縮まると、「しらんぷり」、になります。
「しらないそぶり」が、短縮して、こうなるのです。

例:「この前、Aと道で会ったのに、しらんぷりされた」Aは自分のことを知っているはずなのに、知らないかのような、行動をとった、ということになります。

◯「振る舞う」
これも、フリではないですが「振る」から派生しています。意味も同根というべきです。

例:「気丈に振る舞う」

旦那さんが亡くなって、未亡人となった人が、哀しみとか苦労を押し隠して、
頑張っていくさまを意味します。本当は大変だろうに…というのが込められています。

◯「男っぷりがいい」
この「ぷり」は、先程の「しらんぷり」と同じで、フリの音便形です。

男らしい行いを意味します。

こうして考えると、フリ、っていうのは、外形的な行動をもともとは意味していて、
外形だけを取り上げた場合に、内面はそれと同じである必然性はないというところから来ているのかもしれません。

「振付師」舞台で、役者の動きを指導する人です。振り付けの「フリ」はまさにこの行動を意味しています。

◯思いつくままに書いたので、かえってわかりにくいかもしれませんが、もしご自分が目にした気になる表現とか文章があれば、具体的に説明できると思うのですが。






















Q:フリ~ と どんだけ〜 とはどういう意味ですか?
A: どんだけ〜=どれだけ
使えるシチュエーションは
A「昨日は朝昼晩3食ともラーメンを食べたよ」
B「どんだけ〜」(どれだけラーメンが好きなんだよ!と多少呆れている感じ)

フリ〜=前振り(業界用語です。自己紹介、番組説明等。本題に入る前の話題のことです。)
会話の前後関係が不明ですが、多分、ikkoさんは「前振り」について文句を言いたくて「前フリ〜」と言ったのではないでしょうか??
Q: フリスキー とはどういう意味ですか?
A: 猫のエサのブランドでしょうか?
すみません。こんなものしか思いつかなくて。

https://nestle.jp/brand/purina/friskies/
Q: フリじゃないからね? とはどういう意味ですか?
A: 話題を振る(ふる)
= bring topic to someone and require answer

前振り
= preface, introduction

という意味の「ふる」という言葉があるのですが、
これの関連で、

フリ
= joke を言う前準備

みたいな意味になると思います。


ここでの司会者の言ってるのは
「笑わせるために わざと転んだりしないからね」
ということだと思います。
Q: フリも出来ないしどうでもいいから同じ事故出すんだよなーって。だからこの仕事辞めたいのに とはどういう意味ですか?
A: I need a context for an accurate translation but it probably means

"I can't pretend to, and I cause accidents because I don't care about it .... just saying. That's why I want to quit this job, but ..."

「フリ」の使い方・例文

Q: フリをする
please give me some example sentence of other words that have the same meaning of 「フリをする」 を使った例文を教えて下さい。
A: 補足なのですが、
「知る」という動詞は「『過去形』+ことにする」の用法では使わないです。

その場合よく使うのが、
「知っていることにする」か、「知ったかぶる」です。

日常会話では、「知ったかぶり」が名詞として使われていて、その動詞が「知ったかぶる」です!
Q: フリをする を使った例文を教えて下さい。
A: 彼が話しかけて来たが、あまり聞きたくない話だったので、寝たふりをしていた。
Q: フリをする を使った例文を教えて下さい。
A: @satonag1226 @gupi
回答ありがとう!「フリをする」はよく使ってますか?
Q: フリをする. を使った例文を教えて下さい。
A: 彼は別人のふりをする
彼女は知らないふりをする
Q: フリフリ を使った例文を教えて下さい。
A: 彼女はフリフリしたお洋服が好きなんです。

あんまり使わないから、これぐらいしか思いつきません。

「フリ」の類語とその違い

Q: ~のフリして と ~のように はどう違いますか?
A: ふり=裝
例如說
可愛いふり=裝可愛
のよう=像
あかちゃんのよう=像寶寶
Q: あるフリ(して) と フリ はどう違いますか?
A: 同じ意味です it's same.

あるフリして pretend or act like you have

知らないフリ pretend or act like you don't know

日本人のフリ
pretend or act like Japanese

「フリ」を翻訳

Q: フリフリってどういう意味ですか? は 日本語 で何と言いますか?
A: フリフリは、レースや、フリルや、リボンがたくさんついている洋服です。

フリフリのスカート
フリフリのドレス
フリフリしてる服が好き
フリフリしててかわいいね

「フリ」についての他の質問

Q:フリする』『見せかける』この二つの使うといけない状況を教えていただけませんか
この二つともとても似ててどういう状況に使ってもいいかどういう状況に使うとだめなのかこんがらがります。
後、どういう状況に二つ使ってもいいのかも気になりますね・・・
どうか、お願いします!💦
A:フリをする』と『みせかける』はとても似ている表現です。
どちらとも、実際はしていないけれどしている様に他人に思わせる時に使います。


彼を好きなフリをする。
→実際は好きではないが、好きと思わせる。
見せかけるよりも時間的に長い、もしくは数回の行動が伴います。

行くと見せかけて行かなかった。
→行くと思わせたけど、行かなかった。
フリをするよりも一時的な行動であることが多いです。
Q:フリ」とはどういう意味ですか? なぜカタカナで書く必要があるのですか? この用語は略語ですか?
A: 知っているのに知らんフリして
フリですか?漢字では「振り」ですが、カタカナにすることで強調していると思いますよろしく
Q:フリ」はどういう意味ですか
歌に、その言葉を聞いた。lyrics:
「知らないフリはキライ!キライ!」
A: なるほど、分かりました。ありがとうございます
Q:フリって」は何という意味ですか?
A: 「フワ」is an onomatopoeia, so it's usually written with Katakana or hiragana.
「またキレイに球フワッて」 means "the ball has moved(floated) up again"
ボールが上に動くようなときにいいます。そのほかに柔らかいモノの表現に使います。こちらの方が頻繁です。
Q:フリ“ とは、何という意味ですか?
A: フリフリ is an onomatopoeia.

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

フリ

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問