ブーツの例文や意味・使い方に関するQ&A

「ブーツ」を含む文の意味

Q: ブーツ・オブ・ブコツ とはどういう意味ですか?
A: @tong1121 なるほど…
おそらく、無骨なブーツを英語に直訳したんだと思います。
無骨 な ブーツ
ブーツ オブ ブコツ

無骨とは、あんまり華やかではなく、ゴツゴツした、骨張ったようなものを表します。
多分、もこもこふわふわの可愛いブーツではなくて、ガッチリ、ゴツゴツ、シンプルなブーツのことでしょうね。
Q: ブーツ欲しいけど,「絞りきれない」 とはどういう意味ですか?
A: ふたつ考えられます。
A どのブーツがいいか、迷って、なかなか決められない。
B ブーツ以外にも欲しいものがいろいろあるので、ブーツを買うかどうか決められない。

多分、Aだと思います。

「ブーツ」の類語とその違い

Q: ブーツ と ながぐつ はどう違いますか?
A: You put on ブーツ as fashion items, to make you look nicer.
While, you put on 長靴 for a practical reason, to prevent your feet from getting wet on rainy days. That's why ブーツ is usually made of leather but 長靴 is made of rubber.

「ブーツ」を翻訳

Q: A: ブーツは借りていかないと、雪の中で大変だよ。
B:じゃ、借りてあげるよ。
誰が誰のブーツを借りたか。 は 日本語 で何と言いますか?
A: BがAのブーツ、もしくは第三者のブーツを借りる状況だと思います。文自体は間違ってませんが、借りる立場のBの言い方が偉そうで不自然なので、自然な表現を以下に示します。

A: ブーツを借りていかないと、雪の中で大変だよ。
B:じゃ、(Aに)貸してもらおう。
Or
B: じゃ(〇〇に)借りよう。

「ブーツ」についての他の質問

Q: このブーツを履いて松葉杖を使い始めて1週間が経ちました。 この表現は自然ですか?
A: @FukushimaMasaさん、I had a scan because they thought it might be a stress fracture. But I don’t meet with the doc until Monday. I’m told I walk too much and need to buy new shoes every 3-4 months.😂
Q: ブーツは様々なサイズでご利用いただけます この表現は自然ですか?
A: ブーツは様々なサイズをご利用いただけます
Q: ブーツの博物館についての翻訳(イタリア語からの直訳)ですが、一応内容が通じているのでしょうか?それとも全く通じていないのですか? 少しでも直していただければ幸いです。T^T

19世紀の初め、記録により、最初の10館の靴屋が設立されていたようだ。当時の靴屋は基本的にシューズアトリエで、主に製作されていたのは手作り靴である。1902年頃、モンテベルーナには200館のシューズアトリエもあった。1915年から1918年にかけて、軍需のおかげで製靴が拡大し、徐々に登山靴が専門に製作されるようになった。1930年~40年頃、冬季の運動設備用品の需要の急増に応えるため、技術基準が上がり、地元企業がスキーブーツの製作に投資し始めた。1950年代、職人的な製作を工業的な製作に変えた産業発展が続き、スポーツ活動で必要な運動具の製造も開始。K2の山頂を極める山登りの際に、トニー・ザイラーとゼノ・コロがモンテベルーナの登山靴と設備を備えていた。1960年代、経済発展とともない、スポーツ用ブーツの需要が増加し、企業の斬新で近代的な技術の使用により、モンテベルーナは広がり、世界的注目を集めた。初めて梃子や加硫式と靴底のインジェクション式が採用され、プラスチック製のアッパーシェルとロアシェルの最初のスキーブーツが作られ、すなわち、産業革命が発生。プラスチックの革命にしたがい、年に数百万足のスキーブーツの輸出を通して、モンテベルーナの会社は市場を牛耳っていた。その上、製造業が多様化するに連れ、多くの会社は様々な運動靴やアフタースキーの製造に投資し始めた。1980年代、ロット、デイアドラ、ガエルネ、アルピネスター、シデイ、ロセス、リスポーツなどの会社で運動靴の領域がなおいっそう高度に専門家されていたのに対し、スキーブーツの製造はしばらく停止していたようだ。他方で、新素材に於ける研究のおかげで、トレッキング靴は幅が広がり、拡張した。1990年代、ウィンタースポーツの普及率が新消費財の生産にさらに影響された。その上、新たな市場の競争が世界的な影響を与えたのである。とはいえ、モンテベルーナはローラーブレードや、日常用の靴や、スポーツウエアなどの新商品を市場に出し、改めて製造能力を発揮できたそうだ。この頃、世界化の発生で会社はますます海外に進出するようになっていた。

この表現は自然ですか?
A: - 段落を分けたのは編集上の見やすさのためです。すべて1つの段落に戻しても問題ありません。
- 日本語での読みやすさや自然さを優先しています。一部推測で変更しています。最終的に内容が正しいかはご自身でご確認ください。

以下内容について:
- 数字は半角で。
- 1930年から1940年頃、製靴技術水準が向上した地元企業は、冬季スポーツ用品の需要急増に対応するため、スキーブーツの製造への投資を始めた。
 →意味が合っていますか?
- 牛耳っていた → 独占していった
 →牛耳っていた、はネガティブなイメージがあります。


記録では19世紀の初めには、既に靴店10店が創業していたようだ。当時の靴店は基本的に工房であり、主に製造されたのはハンドメイド品であった。1902年頃には、モンテベルーナには200店もの工房が存在した。1915年から1918年にかけて、軍需のおかげで製靴業が拡大し、徐々に登山靴を専門に製造するようになった。
1930年から1940年頃、製靴技術水準が向上した地元企業は、冬季スポーツ用品の需要急増に対応するため、スキーブーツ製造の投資を始めた。
1950年代には職人的製作を工業的製造に変革した産業発展が続き、スポーツ用具の製造も開始された。K2の山頂を極める登山に、トニー・ザイラーとゼノ・コロはモンテベルーナ製の登山靴と装備を使用した。
1960年代、経済発展に伴いスポーツブーツの需要が増加し、企業努力で生まれたの斬新で近代的な技術によりモンテベルーナの名は世界的に広がり注目を集めた。レバーや加硫式、ソールにはインジェクション式が初めて採用され、最初のプラスチック製アッパーシェルとロアシェル構成のスキーブーツが作られた。これは、すなわち、産業革命であった。プラスチックの革命にしたがって、また年間数百万足のスキーブーツの輸出を通し、モンテベルーナ企業は市場を独占していった。さらに、製造業の多様化にしたがい、モンテベルーナ企業の多くは様々なスポーツシューズやアフタースキー用品の製造に投資を始めた。
1980年代、ロット、ディアドラ、ガエルネ、アルピネスター、シデイ、ロセス、リスポーツなどの企業でのスポーツシューズの分野ではなお一層高度に専門化していったのに対し、スキーブーツの製造ではしばし停滞したようだ。他方、新素材に於ける研究成果のおかげで、トレッキングシューズは製品群の幅が広がり、市場は拡張した。
1990年代、ウィンタースポーツの普及率向上が新消費財の生産にさらに影響を及ぼした。その上、新たな市場の競争激化が世界的に影響を及ぼした。しかしモンテベルーナは、ローラーブレードや日常使いの靴、スポーツウエアなどの新商品を市場に投入し、改めて製造能力の強みを発揮できた。この頃、グローバル化により企業はますます海外に進出するようになっている。
Q: ブーツがこのバケツの中に置いてください!
この表現は自然ですか?
A: ブーツをこのバケツの。。。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

ブーツ

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問