ペテン師の例文や意味・使い方に関するQ&A

「ペテン師」の使い方・例文

Q: ペテン師 を使った例文を教えて下さい。
A:

ペテン師という言葉を日常で使うことはほとんどありませんが、漫画やアニメでは時々出てくる印象です。

・騙すなんてこのペテン師め!

・そんなペテン師放っておけばいい

・私はそんなペテン師じゃないですよ
Q: ペテン師 を使った例文を教えて下さい。
A: あいつはペテン師だから気をつけた方がいいよ。

「ペテン師」の類語とその違い

Q: ペテン師 と 詐欺師 はどう違いますか?
A: Hi, there!
Basically, both of them are pretty much the same and both mean "人を騙して利益を得る人" as well.
なので、どちらも名詞ですが、「行為」ではなく「人」を表しています。
I mean, "師" at the end of respective words mean "person".
ちなみに、「嘘をついただけ」または「嘘をついている部分にのみ重きを置く」場合は「嘘つき」になります。

It is said that "ペテン" was derived from "绷子 (bengzi)" in Chinese.
今から100年くらい前、日本は明治時代で、中国は清王朝だった時代に日本に伝わり、"ペテン"という読み方で広まったとのことです。

There's two hypothesis about the origin of the word "詐欺".
1つは、日本の古い童話の「因幡の白兎」に由来するという説。
The other is that this word was also derived from "欺诈 (qizha)" in Chinese.
どちらの説も古い時代の話なので、かなり深く調べないと真相は分かりません。
I'm guessing you don't focus so much on the origin, so I mentioned it briefly for now.

Technically, it seems to me that "ペテン師" is used more casual situation, and has much connotation than "詐欺師" in negative way.
硬い表現が多用されるメディア報道であればあるほど、"ペテン"より"詐欺"が使われる傾向があると思います。


名詞以外の使い方では、少し違いがあります。
About 詐欺:
能動態: 詐欺をする, 詐欺を働く
受動態: 詐欺にあった, 詐欺られた

About ペテン:
形容詞: "ペテンが利く" and "ペテンが回る" means "悪知恵に長けている".
(人の性質を表す言葉で、「彼はペテンが利く」「彼はペテンが利く人物だ」のどちらの形でも使えます。)
能動態: "(人を)ペテンに掛ける" means "(人を)策略に陥れる".
このように、「詐欺」に比べると少しですが、使い方に違いがあります。
受動態: 「ペテンに掛けられた」という言い方も、あまり耳にしませんが、可能です。

There's an another similar word "欺罔", which is pronounced "ぎもう", in Japanese.
これは文法的には名詞に属し、「詐欺」という言葉が持つ意味の中で、特に「人を騙す」という部分に焦点を当てた硬い言葉です。
If you majors law in university, it comes up frequently.
But if not, I think it's not a word that is well known among even native Japanese speaker.
どちらも「あざむく」という意味を持つ「欺」と「罔」を重ねて作られています。
尽管说, if you have any difficult part to understand.
希望这可以帮助到你! 😊

「ペテン師」についての他の質問

Q: ペテン師の発音を音声で教えてください。
A: QAの全文をご確認ください

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

ペテン師

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問