任の例文や意味・使い方に関するQ&A

「任」を含む文の意味

Q: what does "俠道" mean? I might not be reading it right perhaps, but I can't find anything in the dictionary. とはどういう意味ですか?
A: a kind of chivalry in japanese rogues (outlaws)

任侠: outlaws
道: morals, ethics

「任」を翻訳

Q: 性、小性子 は 日本語 で何と言いますか?
A: わがままを許さない
这样时是名词

彼はわがままだ
自分勝手な人
这样时是形容动词
Q: 怨 は 日本語 で何と言いますか?
A: 苦労をいとわず、恨みごとを言われても気にしない。
Q: 职五年以上,有丰富的工作经验 は 日本語 で何と言いますか?
A: 5年以上勤務し、豊富な実務経験があります。
Q: 人宰割 は 日本語 で何と言いますか?
A: まな板の(上の)鯉.相手に侵略され放題のさま.
Q: 何事情都有两面性。 は 日本語 で何と言いますか?
A: 何事にも両面性がある
何事にも裏表がある

「任」についての他の質問

Q: 小栗はきっぱりとした動きで雀を自分の脇に置き、 そして、幾分力を込めて挟むと、その首からボキッと極めて不自然な音が伝わってきて、雀はすっかり動きがとまった。
一晩に渡るこの雀との戦いがようやく終わりを迎えた。しかし、大切なコートが雀の攻撃によって、いくつかの穴ができてしまった。そのせいで、彼はちっとも嬉しい気分になれなかった。
そんな時に、ボッキャンと突然、巨大な鐘を鳴らしたような音が小栗の頭の中に響いてきて、あまりにも大きな音で、彼の頭はそれに耐えきれず、意識がすぐに真っ黒な混沌に陥った。「やべえ!今までいつも夜中にだったのに、今回は早めにきちゃったなあ。。」身体も意識が消えるにつれて、コントロールできず、思わず地面に向かってバタンと前のめりに倒れてしまった。 この表現は自然ですか?
A: × 小栗はきっぱりとした動きで雀を自分の脇に置き、 そして、幾分力を込めて挟むと、その首からボキッと極めて不自然な音が伝わってきて、雀はすっかり動きがとまった。
小栗は素早い動きで雀を自分の脇で挟み、そして、幾分力を込めると、その首からボキッと極めて不自然な音が伝わってきて、雀はすっかり動きがとまった。

× そんな時に、ボッキャンと突然、巨大な鐘を鳴らしたような音が小栗の頭の中に響いてきて、あまりにも大きな音で、彼の頭はそれに耐えきれず、意識がすぐに真っ黒な混沌に陥った。
✓ そんな時に、ボッキャンと突然、巨大な鐘を鳴らしたような音が小栗の頭の中に響いてきて、あまりにも大きな音なので、彼の頭はそれに耐えきれず、意識はすぐに真っ黒な混沌に陥った。

ほぼ完璧です。少しだけ直しました。
Q:」に関して、日本人の生活によく使っている言葉を教えていただけませんか。.
A: さん、どうもありがとうございました😊
Q: という人は大きな釣り針と巨大な縄を作って、50頭の牛を餌に、会稽山にうずくまって、釣り針を東海に投げて、毎日そこで釣りをしていた。

一年経っても何も釣っていなかった。やっとある日大きな魚が釣り針に引っかかった。

魚が巨大な釣り針を引いて、海の中に入ったり、また海面に浮かんだりして、山ほど大きな白い波ができ、海が震え、鬼のような声が轟き、その恐ろしい声が千里まで響いていた。

はその釣った魚を小さく切って、漬物にした。その地方に住んでいた全ての住人が魚を食べていた。

しばらくしてから、浅はかな策士たちがこの事に驚いて、口ゴミになっていた。みんなが釣竿を持って溝で釣りをし、所詮サンショウウオやフナしか釣れなかった。大きな魚を釣るのはとうてい無理だ。

継続↓ この表現は自然ですか?
A: × という人は大きな釣り針と巨大な縄を作って、50頭の牛を餌に、会稽山にうずくまって、釣り針を東海に投げて、毎日そこで釣りをしていた。
という人は大きな釣り針と巨大な縄を作って、50頭の牛を餌に、会稽山に腰を下ろし、釣り針を東海に投げて、毎日そこで釣りをしていた。

× 一年経っても何も釣っていなかった。
✓ 一年経っても何も釣れなかった。

× やっとある日大きな魚が釣り針に引っかかった。
✓ (ところが)ある日、大きな魚が釣り針にかかった。

× 魚が巨大な釣り針を引いて、海の中に入ったり、また海面に浮かんだりして、山ほど大きな白い波ができ、海が震え、鬼のような声が轟き、その恐ろしい声が千里まで響いていた。
✓ 魚は巨大な釣り針を引いて海に潜ったり、海面に跳ね上がったりして鰭をばたつかせた。すると、山のように大きな白波がたち、海が震え、鬼のような声が轟き、その恐ろしい声は千里四方に響きわたった。

× はその釣った魚を小さく切って、漬物にした。
はその釣った魚を小さく切って、干し肉にした。

× その地方に住んでいた全ての住人が魚を食べていた。
✓ その地方に住んでいた全ての住人は、満腹するまでその干し肉を食べた。

× しばらくしてから、浅はかな策士たちがこの事に驚いて、口ゴミになっていた。
✓ やがて、後世の浅はかな者たちはこの話に驚いて、言いふらすようになった。

× みんなが釣竿を持って溝で釣りをし、所詮サンショウウオやフナしか釣れなかった。
✓ 釣竿を持って溝に出かけ、(サンショウウオやフナなどの)小物を狙う者には

補足
「それと同じく、小賢しい弁舌(小説)で県令に取り入って職を得ようとする人は、もっと遠大な目標を持つ人と大きな隔たりがある。したがって、公子の大度を聞いたこともない人は、一緒に世を治めることなど、とうてい無理だろう。」


いいですね、荘子。この話が「小説」という言葉の初出らしいです。すごい、壮士!


だいたい意味はわかりましたが、ひとつだけ。

「山ほど」は、量がたくさんあるというニュアンスで使います。

例.「仕事が山ほどある」「お金が山ほどある」「やりたいことが山ほどある」など。

「山のように」は、量がたくさんある場合にも使いますが、形が山に似ている、またはものすごく大きいというニュアンスでも使います。

例.「山のような大男」「山のように積まれたお金」


したがって、この話の大きな波が立ったという部分では「山のように(な)」の方が適していると思います。
Q:ぜられる」の辞書形は何ですか🤔
A:ずる」です。

(ぜられる = ずる + られる)
Q: そのに堪えるかどうかは君の手並みによることです この表現は自然ですか?
A: 手並みによるところです。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問