先進の例文や意味・使い方に関するQ&A

「先進」を含む文の意味

Q: 先進国平均の消費者物価指数の上昇率も四半世紀ぶりの大きさという。

ここで「ぶり」は何の意味で使ったのか教えていただけないでしょうか? とはどういう意味ですか?
A: 以来 という言葉に組み替えられます。上昇率が4半世紀の(長い)間、それ以上の大きさにならなかったにも関わらず大きくなったので「ぶり」と使っています。長い間会っていなかった人にする挨拶の「久し(ぶり)」の「ぶり」と同じですよ。わかりにくくてすみません。
Q:先進事例 とはどういう意味ですか?
A: 発展の段階、進歩の程度が他より進んでいることです。
Q: 先進的 とはどういう意味ですか?
A: 先進的な
Advanced(adjective)
Q: 先進国では科学者に対してマイナスのイメージが強く、途上国ではプラスのイメージが強い。 とはどういう意味ですか?
A: People in developed countries have negative image and people in developing countries have positive image against scientists.

「先進」の使い方・例文

Q: 先進国 を使った例文を教えて下さい。
A: @Ritasousa 「先進7か国が集まりG7が始まった。」
i hope this is fit for you😀.

「先進」の類語とその違い

Q: 先進的な技術を導入しました と 先進的な技術が導入されました はどう違いますか?
A: 前者は能動態、後者は受動態という形の違いだけで、どちらも自然な文章だと思います。

「先進」を翻訳

Q: 先進国に追い付くかどうかは若者たちの責任です( Does this sound natural?) は 日本語 で何と言いますか?
A: 先進国に追いつくかどうかは、若者たち次第です。

more natural:)
Q: 先進国では、子供の数が成長しない。 這樣說對嗎? は 日本語 で何と言いますか?
A: 先進国では子供の数が増えない。

「先進」についての他の質問

Q: 先進国と途上国という二つのグループ分けは、一言で抽象的と言える。 先進国と途上国の辞書的意味をみると、先進国は政治、経済、社会、文化などの面において「先を行く」国であり、途上国は先進国に比べて単に「後れを取る」国と明記されている。それ故に、二つのグループだけで国々を分類することは非常に飛躍的であると考えられる。
 反面、「ファクトフルネス(Factfulness)」で示すレベル1から4までの所得階層別に国を分類する方法は、まず2つの段階が増えるので、自然により詳細な分類が可能となり、分類の客観性が上がる。著者は現在、西欧文明の相当数が世の中を先進国と途上国という二分法に分けたため、その中間に存在する多数の国家を逃すミスをしていると言う。 著者の主張を通して分かることは、所得階層別にレベルを1から4に分ける方法は世の中をより「事実」と近く見る方法になるということだと考える。 つまり、この分類は先進国と途上国の間に存在するが、先進国と途上国という二分法的な分類から逃しやすくなる中間段階にある多数の国々を水面上に押し上げることのできる明確な利点があると思われる。
この表現は自然ですか?
A: × 先進国と途上国という二つのグループ分けは、一言で抽象的と言える。
先進国と途上国という2つの階層への分類は短絡的だと言える。

× 先進国と途上国の辞書的意味をみると、先進国は政治、経済、社会、文化などの面において「先を行く」国であり、途上国は先進国に比べて単に「後れを取る」国と明記されている。
✓ 辞書を引くと先進国は政治、経済、社会、文化などの面において「先を行く」国であり、途上国は先進国に比べて単に「後れを取る」国と記されている。

× それ故に、二つのグループだけで国々を分類することは非常に飛躍的であると考えられる。
✓ それ故に、2つの階層だけで国々を分類することは非常に極端であると考えられる。

×  反面、「ファクトフルネス(Factfulness)」で示すレベル1から4までの所得階層別に国を分類する方法は、まず2つの段階が増えるので、自然により詳細な分類が可能となり、分類の客観性が上がる。
✓  反面、「ファクトフルネス(Factfulness)」で示されたレベル1から4までの所得階層別に国を分類する方法は、階層が2つ増えることにより、自然でより詳細な分類が可能となり客観性が上がっている。

× 著者は現在、西欧文明の相当数が世の中を先進国と途上国という二分法に分けたため、その中間に存在する多数の国家を逃すミスをしていると言う。
✓ 著者は近年、多くの西欧諸国が世界を先進国と途上国の2つに分類した為、その中間に位置しているはずの多数の国々を見逃す間違いを犯していると述べている。

× 著者の主張を通して分かることは、所得階層別にレベルを1から4に分ける方法は世の中をより「事実」と近く見る方法になるということだと考える。
✓ 著者の主張を通して分かることは、レベル1から4の所得階層別の分類法は、より「事実」に近く世界を見る方法になるということである。

× つまり、この分類は先進国と途上国の間に存在するが、先進国と途上国という二分法的な分類から逃しやすくなる中間段階にある多数の国々を水面上に押し上げることのできる明確な利点があると思われる。
✓ つまりこの分類法は、先進国と途上国の二分法では見逃し易い中間に位置する多数の国々にもスポットライトを当てることが可能、という明確な利点があると思われる。

前後の文意から
抽象的→短絡的
飛躍的→極端
と表現を変えてみました
全体的に読み易いように整理もしてみました
Q: ‎‎ 『どの先進国に移住しても、すべてが「完璧」になるわけではない。特に、過密な大都市では、生活にある程度の妥協が必要である。
 海外の大都市に移住する外国人の中には、そのような妥協の精神を持っていない人もいるらしい。物事が期待外れで唖然としてしまったことは多い。
 だから、全くの新しい生活様式に適応するのは覚悟した方がいいだろう。』


この文章は自然ですか?
A: 『どの先進国に移住しても、すべてが「完璧」になるわけではない。特に、過密な大都市では、生活にある程度の妥協が必要である。
 海外の大都市に移住する外国人の中には、そのような妥協の精神を持っていない人もいるらしく、物事が期待外れで唖然としてしているのを見かけることも多い。(←推定訳)
 そうならないためにも、全くの新しい生活様式に適応する覚悟をしておいた方がいいだろう。』
Q: 1.「先進国はもとより、途上国までも環境保護に力を入れている」
2.「先進国はもとより、途上国にせよ、環境保護に力を入れている」
2番は自然でしょうか
A: 2番は不自然だと思います。
「~はもとより」という表現は、その後の「~も」と対応して使われるからです。
Q: 先進国の失業率をみると、日本はわずか3%である。 この表現は自然ですか?
A:
意味は通じると思います!
先進国の高い失業率と比べると、日本はわずか3%です。
こう書くとより文章が論理的になると思います。
Q: 先進国の生活は本当に大変です。毎日、仕事に行かないといけない。でも普通に発展途上国で生活もは大変です。

文書を直してください。 この表現は自然ですか?
A:先進国での生活
・発展途上国での生活も大変です。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

先進

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問