口火の例文や意味・使い方に関するQ&A

「口火」を含む文の意味

Q: 口火を突っ込む とはどういう意味ですか?
A: 火種、は火を起こすために使う火のことです。日本語では争い事の元になる原因にも火種と比喩的に使います。例、その写真は夫婦喧嘩の火種になる。
種火は、いつでも火が起こせるように残しておく小さな火の事です。
どちらも似たような意味ですので、普通の日本人はあまり区別して使ってないです。火を使う仕事の人はきちんと分けて使っています。
この文章なら、口火は種火のことで、細い薪に付いた小さな火のことだと思います。
Q: 口火を切った人 とはどういう意味ですか?
A: One who got started the conversation, so to speak, 'opener'.

「口火」を翻訳

Q: 口火を切る は 日本語 で何と言いますか?
A: 物事を始める、(議論、攻撃など)をスタートさせる
(例)沈黙が続いたあと、彼が議論の口火を切った。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

口火

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問