句読点の例文や意味・使い方に関するQ&A

「句読点」についての他の質問

Q: 句読点を打つことについての質問です。以下の文章をご覧いただきたいです。

A、もう一つは屋台で客が命令口調で「ラーメンを作れ」と言った事例もあった。
B、もう一つは、屋台で客が命令口調で「ラーメンを作れ」と言った事例もあった。

質問
1、AとBと、どちらが論文の文として自然ですか。その理由を教えていただければと思います。
2、「一つは〜。もう一つは〜。」の場合、一般的にその「は」の後ろの読点を入れたほうがいいですか。

PS.この文の前後の文脈はこちらです。↓

「敬語は大切だとされている。敬語の誤用で「敬語殺人事件」の記事がいくつかあった。その一つが社内敬語使用に関するものである。他の会社から転職してきた年配の社員と、最初からこの会社に勤めていた若手社員の、どちらかが「おれ、おまえ」と呼べるようになったことでケンカになった。もう一つは、屋台で客が命令口調で「ラーメンを作れ」と言った事例もあった。店主はそれを聞いて激怒し、客を刺殺した。」
A: 「その一つが、社内敬語使用に関するものである。」
の"が"には少し違和感があります。
ここでは、
「その一つは、社内敬語使用に関するものである。」
が自然なように感じます。
ここで、"が"を使用するのであれば、この文章より以前に"社内敬語使用に関するもの"に触れている場合は自然です。

統一に関して
統一の必要はないと思います
が〜は〜
は〜が〜
でも自然です。
ただ、1つが〜、もう1つが〜の場合だと、1of2(1 of all)、2of2(2 of all)の感覚が出てきてしまいます。全ての事例が2つ以外なく、そのうちの1つが、もう一つが、と読まれかねません。
Q: 句読点でこの文を区切るとどうするか?
「呪力や言霊、ごと...」それとも
「呪力や、言霊ごと」?
A: 句読点で切ることはできません。
「呪力ごと、言霊ごと」をまとめて「呪力や言霊ごと」と言っているからです。
Q: すいません、句読点の使い方は正しいでしょうか?


高血圧には様々な要因が重なって、高血圧となる本態性高血圧と、明らかな原疾患によって高血圧となる二次性高血圧がある。二次性高血圧の原疾患としては、腎血管性高血圧、褐色細胞腫、原発性アルドステロン症などがあるが、原疾患が治療されれば、血圧は下がる。高血圧は虚血性心疾患や脳卒中などの
発症原因とされており、臨床的には重要な状態である。
A: 高血圧には様々な要因が重なって高血圧となる本態性高血圧と、明らかな原疾患によって高血圧となる二次性高血圧がある。二次性高血圧の原疾患としては、腎血管性高血圧、褐色細胞腫、原発性アルドステロン症などがあるが、原疾患が治療されれば、血圧は下がる。高血圧は虚血性心疾患や脳卒中などの発症原因とされており、臨床的には重要な状態である。
=========
高血圧の種類:
・様々な要因が重なって高血圧となる本態性高血圧
・明らかな原疾患によって高血圧となる二次性高血圧

なので「~様々な要因が重なって高血圧となる本態性高血圧と、」としました。
「高血圧には様々な要因が重なって、」で句読点を打つと、様々な要因が重なるという説明が二次性高血圧にも及んでいるように読めるからです。これ以外は自然と感じました。
Q: この句読点の使い方は正確ですか😁
A:
すみません!質問の意味を取り違えていました。
赤マーカーは削除した跡ではなくて、ここが疑問のポイントだったんですね^^;

そうですね、やはりこちらの詩中では「。」がほとんど使われていないので、私は「…。」よりも「…」が自然だと思います。ですが、「…。」という使い方も間違いというわけではないと思いますよ。
Q: 句読点の意味は何ですか?なんでありますか?
A: これは圏点(けんてん)といいます。文や語句を強調するために使います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

句読点

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問