多人数の例文や意味・使い方に関するQ&A

「多人数」の類語とその違い

Q: 多人数 と 大人数 はどう違いますか?
A: 多人数(ta-nin-zuu)という語形は日本の標準語であまり多く見られない言葉ですが、大人数(oo-nin-zuu)と同じ意味です。
人が多数(ta-suu)いる。人が大勢(oo-zei)いる。大人数(oo-nin-zuu)いる。これらはどれも同じ意味です。
多人数・大人数に対して少人数(shou-nin-zuu)は使いますが、小人数(ko-nin-zuu)はあまり使われない語形です。
大人数をdai-nin-zuuと読む日本人もいますが、誤った読みとされています。

「多人数」についての他の質問

Q: 多人数の農家が年を取って引退してるか、もうすぐ引退年を超える。 この表現は自然ですか?
A: × 多人数の農家が年を取って引退してるか、もうすぐ引退年を超える。
✓ 多くの農家が年を取って引退しているか、もうすぐ引退の年を迎える。

Q: 多人数に対して、少人数で向かったのではとても敵対しがたいこと

多人数に対して」はどこに係りますか
向かう?
敵対しがたい?
A: 文法上では「向かった」です。
Q: 多人数に対して、少人数で向かったのではとても敵対しがたいこと

多人数に対して」はどこに係りますか
向かう?
敵対しがたい?
A: 「向かう」と連携(呼応)していると思います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

多人数

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問