庭師の例文や意味・使い方に関するQ&A

「庭師」の類語とその違い

Q: 庭師 と 園丁 はどう違いますか?
A: Same meaning. But 園丁 is a little bit old way to say "gardener" and not quite common. 庭師 sounds more familiar for me.

「庭師」についての他の質問

Q: 庭師と植木屋と園丁これらの3人の庭師の違いは何ですか?
A: 引用元:https://careergarden.jp/niwashi/niwashi-uekiya-chigai/
庭師とは、古くは園丁(えんてい)などとも呼ばれた「庭を造る」職人のことを指します。

庭石、樹木や池、水路から芝などを含めて、庭を一つの造形空間として設計施工、製作することを生業にしているのが庭師です。

これに対して、植木屋とは庭木の剪定を限定して行う職人を指します。

庭師が庭木も含めた庭園全体の管理、設計、施工を総合的に請け負うことに比べると、植木屋の扱う案件の範囲は狭く、庭木の生育を管理し、定期的な剪定まで請け負う庭師は植木屋を兼ねているという見方もできます。

もちろん植木屋は植物に関する深い知識と高い技術を持っているため、庭木に関する相談であれば応じることができます。

しかし庭木を含めた周辺環境に関する相談をしたいのであれば、庭木の剪定だけでなくその他の業務を複合的に行ってくれる庭師の方がよいでしょう。
Q: 庭師はガーデンで枝や葉を切る この表現は自然ですか?
A:庭師は庭で枝や葉を切る」となるかと思いますが、「庭師は木の枝や葉を切って、庭の手入れをする」のように書くのはどうでしょうか。🙂

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

庭師

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問