後詰の例文や意味・使い方に関するQ&A

「後詰」を含む文の意味

Q:後詰めに貴様を残しておいたのだ。よもやぬかりはなかろうか。」 ここ 「に」 と 「を」何でそのように接するの、意味が理解できない。貴様に後詰めを残しおいたのだ、筋が通っているじゃないですか? とはどういう意味ですか?
A: もっと前後の状況があれば、もっと参考になることを言えると思いますが一応…

後詰めに貴様を残していたのだ。よもやぬかりはなかろうか」
 これを聞くと、貴様と呼ばれている人物A(おそらく腕の立つ人物)が、後詰めの一員として働くことで、敵を倒せただろうな? と聞かれているのだと思います。

参考にならなければすみません。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

後詰

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問