意の例文や意味・使い方に関するQ&A

「意」を含む文の意味

Q: にかける とはどういう味ですか?
A: 「気にする」と同じです。否定で使うことがほとんどです。
例:彼はどんなに馬鹿にされてもにかけなかった。
Q: に染まない

とはどういう味ですか?
A: You don’t like it. Disagree with it.
Q:半他半 とはどういう味ですか?
A: It means "half-willingly but half-reluctantly".
Q: を察する とはどういう味ですか?
A: In English,
・take the message
・take a hint
these are close.

を察する」と言う表現は、ほとんど文章の中でしか出てきません。
Q: げません とはどういう味ですか?
A: this phrase doesn't exist.
maybe いけません。
it means " don't ".

「意」の使い方・例文

Q: に満たない を使った例文を教えて下さい。
A: 販売店の対応はに満たないものだった。

日常では使ったことのない言葉でした。代わりに
納得のいかない
満足できない
などを使います。
Q: に介さず を使った例文を教えて下さい。
A: 周りからの陰口などに介さず、彼女は常に堂々としていた。
Q: に介する を使った例文を教えて下さい。
A: QAの全文をご確認ください
Q: を酌む を使った例文を教えて下さい。
A: 生前の彼のを酌んで、葬式は身内だけで行った。

「意」の類語とその違い

Q: 味 はどう違いますか?
A: 同じですが、は少し堅い言い方です。基本は「味」を使っていれば全く問題ありません。

時々ビジネスなどで、

「ここで言う“2つの勢力”とは、営業部と管理部のです」などと言ったりします。この「〜のです」(〜という味で言いました)という言い方以外はほとんど使いません。

堅い言い方では「感謝の(気持ち)を伝える」などもありますが、あまり気にしなくて良いです。
Q: 味 はどう違いますか?
A: 同じ味ですが、「」には、「志」という味も含まれます。

「意」を翻訳

Q: 你的圖太明顯了 は 日本語 で何と言いますか?
A: あなたの考えは露骨過ぎます。
Q: 危机识 は 日本語 で何と言いますか?
A: 危機意識(ききいしき)
Q: 如果你愿,每一天都是节日。 は 日本語 で何と言いますか?
A: もしあなたがよければ、毎日が記念日です。
Q: 你愿成为我一生的共犯吗? は 日本語 で何と言いますか?
A: 私の一生の共犯者になってくれる?
其实日语没有“愿这个词
Q:好和生不好,ㄧ般聊天怎麼說? は 日本語 で何と言いますか?
A: 加助詞會更好 景気がいい 景気が悪い 又可以說ぼちぼち。意思就是還好、馬馬虎虎。

「意」についての他の質問

Q: 我がを得たり
思うつぼにはまる
はどう違いますか。お願いします。
A:

どちらも「思った通りになる」「考えにぴったり合う」ことを表しますが、使われる場面に若干の違いが見られます。
「我がを得たり」のほうは、陰陽で言えば陽の場面、たとえば部下が提案した企画に対して上司が「我がを得たり」と頷く、学生の論文に目を通した教授が「我がを得たり」と膝を叩く等、どちらかと言えば、ポジティブな場面で使われることが多いです。
対して「思う壺」の方は、「いま電源を切ってしまっては犯人の思う壺だ!」「ここで諦めてしまえば奴らの思う壺だ。すぐに打開策を練ろう」など、相手の術中にはまる事を危ぶむ、または嵌ってしまった事を後悔するような場面で多用されます。
思う壺の「壺」は賭博の壺に由来するそうなので、裏道稼業の陰の雰囲気があるのかもしれませんね〜。
Q: 子は夕べのパーティーで寂しいそうだったの発音を音声で教えてください。
A: @sergeantsantiago
Q:に介す」はいつ使われますか?「大丈夫だよ!気にしないで!」の時に「に介さないで」と言えるかな?
A: 少しかたくるしくなりますが、伝わります。個人的には大丈夫と答えるのが1番良いと思います。
Q:见文)
私は観光シーズン時の人数制限に賛成です。理由は二つあります。まず一つ目は、規制数を超えた観光客を受け入れると、数多くのゴミが生じて観光地の環境状態は悪くなるかもしれません。二つ目の理由は、観光客の安全を守るからです。観光地側は対応のサービスや施設などの準備が出来ていない場合、観光客の増加は安全問題の原因になるかもしれません。
悪いところばかりとも言い切れないです。もちろん、観光客数が増えたら、観光地に元気にできます。でも、その土地の耐え力も考えなければならないと思います。観光客が多く訪ねることで地域の経済に良い影響をもたらす一方、自然環境にも周辺の住民の生活環境にもストレスになり、混乱を生じるケースもあります。
連休で観光客が急に増えていることで、観光地のネットが切れて混乱を生じることなどのニュースをテレビで多く見るのです。人数規制対策の一つは、観光客を分散させることです。空間や時間の分散によって、観光地の滞在人数を減ることができるし、交通も少し緩和されます。こうすると、リラックスを求めて来てきた観光客たちは人混みのない景色をゆっくり楽しめ、観光のクオリティはあげられます。新しい観光地を開発するのも可能です。
国連は2017年を「持続可能な観光国際年」と定め、持続可能な観光の発展という理念を強調していました。目先の経済利益より発展続けるのはもっと大事だと思われています。なので、持続可能な観光の発展のためには、観光客人数の管理をきちんとしておくのがいいでしょう。 この表現は自然ですか?
A:
私は観光シーズン時の人数制限に賛成です。理由は二つあります。まず一つ目は、規制数を超えた観光客を受け入れると、数多くのゴミが生じて観光地の環境状態”が”悪くなるかもしれません。二つ目の理由は、観光客の安全を守る”ため”です。観光地側は対応のサービスや施設などの準備が出来ていない場合、観光客の増加は安全問題”を脅かす”原因になるかもしれません。
“しかし、”悪いところばかり”ではありません”。もちろん、観光客数が増えたら、観光地”を”元気にできます。(?ここの文章の意味がわからなかったです。→でも、その土地の耐え力も考えなければならないと思います。?)観光客が多く訪ねることで地域の経済に良い影響をもたらす一方、自然環境”や”周辺の住民の生活環境”への”ストレスになり、混乱を生じるケースもあります。
連休で観光客が急に増えていることで、観光地のネット”回線”が切れて混乱”が”生じ”てい”ることなどのニュースをテレビで多く見るのです。人数規制対策の一つは、観光客を分散させることです。空間や時間の分散によって、観光地の滞在人数を減”らせ”ることができるし、交通も少し緩和されます。こうすると、リラックスを求めて”来た”観光客たちは人混みのない景色をゆっくり楽しめ、観光のクオリティはあげられます。新しい観光地を開発するのも可能です。
国連は2017年を「持続可能な観光国際年」と定め、持続可能な観光の発展という理念を強調していました。目先の経済利益より発展”を”続けるのはもっと大事だと思われています。なので、持続可能な観光の発展のためには、観光客人数の管理をきちんとしておくのがいいでしょう。
Q:见文)
私は観光シーズン時の人数制限に賛成です。理由は二つあります。まず一つ目は、規制数を超えた観光客を受け入れると、数多くのゴミが生じて観光地の環境状態は悪くなるかもしれません。二つ目の理由は、観光客の安全を守るからです。観光地側は対応のサービスや施設などの準備が出来ていない場合、観光客の増加は安全問題の原因になるかもしれません。
悪いところばかりとも言い切れないです。もちろん、観光客数が増えたら、観光地に元気にできます。でも、その土地の耐え力も考えなければならないと思います。観光客が多く訪ねることで地域の経済に良い影響をもたらす一方、自然環境にも周辺の住民の生活環境にもストレスになり、混乱を生じるケースもあります。
連休で観光客が急に増えていることで、観光地のネットが切れて混乱を生じることなどのニュースをテレビで多く見るのです。人数規制対策の一つは、観光客を分散させることです。空間や時間の分散によって、観光地の滞在人数を減ることができるし、交通も少し緩和されます。こうすると、リラックスを求めて来てきた観光客たちは人混みのない景色をゆっくり楽しめ、観光のクオリティはあげられます。新しい観光地を開発するのも可能です。
国連は2017年を「持続可能な観光国際年」と定め、持続可能な観光の発展という理念を強調していました。目先の経済利益より発展続けるのはもっと大事だと思われています。なので、持続可能な観光の発展のためには、観光客人数の管理をきちんとしておくのがいいでしょう。
この表現は自然ですか?
A: (意見書)
私は観光シーズン時における人数制限設定に賛成です。理由は二つあります。まず一つ目は、上限を超えた観光客を受け入れると、数多くのゴミが生じて観光地の環境状態は悪くなるからです。二つ目の理由は、観光客の安全を守るためです。観光地側が、観光客増加に対応するためのサービスや施設などの準備が出来ていない場合、観光客の増加は安全上の問題の原因になるかもしれません。
しかし悪いところばかりとも言い切れない面もあります。もちろん、観光客数が増えたら、観光地が元気になります。しかし、その地域の観光客受け入れ能力も考えなければならないと思います。観光客が多く訪ねることで地域の経済に良い影響をもたらす一方、自然環境にも周辺の住民の生活環境にもストレスになり、混乱を生じるケースもあります。
連休で観光客が急に増えることで、観光地のネット接続が切れて混乱を生じたことなどのニュースをテレビで多く見かけます。人数規制対策の一つ目は、観光客を分散させることです。空間や時間の分散によって、1観光地当たりの滞在人数を減らせることができるし、交通渋滞も少し緩和されます。こうすることで、リラックスする事を求めて来てきた観光客たちは、人混みのない景色をゆっくり楽しめ、観光のクオリティはあげられます。新しい観光地を開発するのもひとつの方法です。
国連は2017年を「持続可能な観光国際年」と定め、持続可能な観光の発展という理念を強調していました。目先の経済利益より発展をし続けるのがもっと大事だと思われています。なので、持続可能な観光の発展のためには、観光客人数の管理をきちんとしておくのがいいと思われます。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問