成果の例文や意味・使い方に関するQ&A

「成果」を含む文の意味

Q: 成果が出なかった成果が出るまで努力しよう。 とはどういう意味ですか?
A: it means like "to work harder!"

you did the something work, but you didn't get the results the customer or boss wanted
then you should to work harder to get the worth result

i guess that case it's not your fault.
it was bad luck or careless mistakes that happen
anyway, you should to more good ways to produce better results.
Q: 尚、成果物として単体ケースなども別でLKG様に対応いただいているような成果物の納品をお願いいたします。 とはどういう意味ですか?
A: 尚、成果物として単体ケースなども別でLKG様に対応いただいているような成果物の納品をお願いいたします。

In addition, other than 単体ケース, would you please submit the deliverables that are similar to you submitted to LKG?

尚 = In addition, additionally
成果物 = deliverable

>成果物として単体ケースなども別で

I can't understand what does 単体ケース refer to in this context.
It's like a result of a unit test?

Actually, this sentence is a bit unnatural for me, if it is "成果物としての単体ケースなどとは別に", my above translation might match.

「成果」の使い方・例文

Q: 成果 を使った例文を教えて下さい。
A: ・この仕事で成果を上げられるよう頑張る。
・数学(すうがく)でやっと努力の成果が出てきた。
・研究の成果がなかなか表れない。
・素晴(すば)らしい成果を収めることが出来た。

仕事(しごと)
勉強(べんきょう)
スポーツ(すぽーつ)
研究(けんきゅう)
...これらと一緒(いっしょ)に使(つか)うことが多いです。

成果を…
あげる。収(おさ)める。
成果が…
出(で)る。表(あら)われる。

Q: 成果主義 を使った例文を教えて下さい。
A: 欧米は、日本と比べて成果主義だ。
Q: 成果 と 達成 を使った例文を教えて下さい。
A: <成果>
頑張った分、成果が出た。
成果を上げるには、チームワークが必要だ。

<達成>
努力した結果、目標を達成した。
大記録を達成した。

「成果」の類語とその違い

Q: 成果 と 成功 はどう違いますか?
A: 成功は「成し遂げる」「達成する」です。

成果は「成功」して得られた「結果 / 物」、「目的」を達成して得られた「結果 / 物」です。

・父親「毎日勉強した成果はあったか?」息子「はい、この前のテストで100点を取りました」

・スポンサー「Aさん、あなたの研究はなんの成果も出してないじゃないか、このまま成果が出ないなら研究費用の支援は打ち切る」研究員「必ず成果を出しますので、もう少し待ってください!!」

・教師「語学留学に行った成果はありましたか?」生徒「はい、異文化に触れて人間の価値観は多様だと学ぶ事ができました」
Q: 成果 と 結果 はどう違いますか?
A: 良い結果 → 成果
Q: 成果、効果 と 結果
結果 はどう違いますか?
A: 効果 effectiveness
e.g 薬の効果
結果 result (bad and good result)
成果 usually use in good result only
Q: 成果 と 達成 はどう違いますか?
A: 成果 is an achievement/result 達成 is use more of the action of achieving something like fulfillment. 達成 is also used as a verb 達成する, but we don't say 成果する because 成果 is something we get as a result of doing something, I feel.
Q: 成果をあげる と 成果を収める はどう違いますか?
A: 同じだと思います。もしかしたら正しい意味としては微妙な違いがあるのかもしれませんが、ネイティヴでも特に違いを意識しません。

「成果」を翻訳

Q: 畢業成果展(學校學生畢業前會用這幾年學到的知識或技能辦的展覽或活動) は 日本語 で何と言いますか?
A: 卒業制作展(卒展)

展示畢業創作的展覽都可以說是卒業制作展了 制作的意思就是藝術品等等的創作品
畢業論文則是卒論(卒業論文) 不能歸類到制作裡面
Q: 檢驗成果、驗收成效 は 日本語 で何と言いますか?
A: 成果確認
Q:成果出來再給你看 は 日本語 で何と言いますか?
A: 結果がでたらお見せします
Q: 成果報告 は 日本語 で何と言いますか?
A:
同じでも大丈夫(せいかほうこく)
または「結果報告」がいいと思う

「成果」についての他の質問

Q: 成果を打ち固める この表現は自然ですか?
A: 繰り返し結果を出すという意味の「成果を出し続ける」はあります。日本語の「成果」は「得た結果」なので、(テストの点数のように)いちど出た結果は変わったり後戻りすることもない、という事なのでしょう。
ですが「成果を打ち固める」は翻訳ニュースでもう輸入されてますので、近い将来、新しい用法として日本に広まるかもしれませんね。
Q: 成果物の提出日は8月25日に準備ができることを承りました。問題ありません。
(Got it.) The deliverables will be ready on 8/25. I see no problem with that. この表現は自然ですか?
A: わかりました、成果物は8月25日に用意できるのですね。
問題ありません。
(Got it.) The deliverables will be ready on 8/25. I see no problem with that.
Q: 成果物や移行実施
deliverables and implementation work この表現は自然ですか?
A: deliverablesはビジネスプレゼンテーションでよく見る表現ですが、日本語訳は難しいですね。確かに、「成果物、結果」ですが、落ち着きが良くないですね。
「結果の達成と実施作業」でしょうか。順序は入れ替えた方が自然かと思います。
Q: 成果の八割は全時間帯の二割、つまり最も効率的な時間帯で完成すると言える この表現は自然ですか?
A: 最も効率の良いたった二割の時間帯で八割の成果が出ると言える。

"つまり"は"全時間帯の二割"を説明しているんだな、っていうことは文脈をよめば分かるけど、その語順で自然な文が思い浮かばなかったので、語順を変えちゃいました。
それと、"成果が完成する"とは言わないです。この文脈では"成果/結果 が出る"とか"(成果になる物品やデータ、つまり提出物とかレポートとか製品とか)が完成する"のように使います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

成果

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問