手当たりの例文や意味・使い方に関するQ&A

「手当たり」を含む文の意味

Q: 手当たり とはどういう意味ですか?
A:手当たりしだい(に)」という形で使うことがほとんどだと思います。「あれもこれも、手に触れるものは何でも」のような意味です。

怒り狂った男は、手当たりしだいに放り投げた。

「手当たり」の使い方・例文

Q: 手当たりしだい を使った例文を教えて下さい。
A: 手当たりしだいにメールを送る。

恋人を作るため手当たりしだい告白する。

目に付いた食べ物を手当たりしだい買う。

そこにあったものを手当たりしだい泥棒に投げつけた。
Q: 手当たりしだい を使った例文を教えて下さい。
A: 彼は手当たり次第に女の子を口説いた。

「手当たり」の類語とその違い

Q: 手当たり と 手応え はどう違いますか?
A: 「その悪人は手当たり次第発砲した」
「今回のテストは手応えがあったよ」

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

手当たり

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問