手洗いの例文や意味・使い方に関するQ&A

「手洗い」を含む文の意味

Q: 手洗いに立つ とはどういう意味ですか?
A: トイレに行くということです
Q:手洗い とはどういう意味ですか?
A: Toilet. Actually, direct translating is : ote Arai= hand wash. However, otearain is a naun which indicates the toilet.

「手洗い」の使い方・例文

Q: what are the differences between お手洗い and せんめんじょ を使った例文を教えて下さい。
A:手洗いはトイレのことで、洗面所は手や顔を洗うところです。
Q: 手洗い を使った例文を教えて下さい。
A: 「お手洗いはどこですか」

「すみません、ちょっとお手洗いに行ってきます」

be above sentences are meaning "toilet" .


外から帰ってきたら必ず手洗い、うがいをすること。

「手洗い」の類語とその違い

Q:手洗い と (お)風呂場 と 便所 と トイレ はどう違いますか?
A:手洗いと便所とトイレは同じです。
人に言うときは「お手洗い」か「トイレ」を使った方が良いです。
「便所」は使わないほうが良いです。
「お風呂場」はシャワーを浴びたり、お風呂に浸かったりするところです。

日本ではトイレとお風呂が別々になっている家が多いです。
一人暮らしのアパートではユニットバスと言って、トイレとお風呂が一緒になっているところもあります。
Q:手洗い と トイレ はどう違いますか?
A: 同じ意味で使います。

ただ、「トイレ」の方が、カジュアルな言い方で、よく聞くと思います
Q:手洗いへ行きます と お手洗いに行きます はどう違いますか?
A: 「お手洗いへ行く」は行く方向が、お手洗いであることを伝えます。
「お手洗いに行く」は行き先がお手洗いで、ほかのどこでもないことを伝えます。

作文などで、行く目的を強調したいなら「に」を使い、行き先を強調したいなら「へ」を使いましょう。
Q:手洗い と トイレ はどう違いますか?
A:手洗い means restroom, which is a euphemistic way to put it.
トイレ is toilet.
Both is common, but お手洗い sounds even more polite.
Q:手洗い と 便所 はどう違いますか?
A: a bit different

「手洗い」を翻訳

Q: Where is the way to the bathroom?
手洗いの行き方は?

The police came to my house and asked lots of questions.
警察は自家に来たそして多い質問を聞いた。 は 日本語 で何と言いますか?
A:手洗いはどこですか?

警察(官)は自宅に来て、沢山の質問をした。
Q: Can I use your phone in the bathroom?
手洗いで君の電話を使ってもいいですか?

I haven't visited my grandad in one year.
お爺ちゃんの家に尋ねるのは一年ぶりです。

I didn't visit his house.
彼の家に遊びに行きませんでした。 は 日本語 で何と言いますか?
A: I haven't visited my grandad in one year.
お爺ちゃんの家を訪ねるのは一年ぶりです。
家に -> 家を
The word "尋ねる" means "asking something". (mainly, asking for directions).
If you want to visit someone's house, use "訪ねる".
Q: For “Do you know where the bathroom is?” Does お手洗いはどこのは知っていますか? work or is it correct? は 日本語 で何と言いますか?
A:手洗いはどこか知っていますか?または、お手洗いはどこかわかりますか?の方が自然です。
Q:手洗いはどこですか。
あちらです。
can i answer this way? は 日本語 で何と言いますか?
A: It’s correct!:)

「手洗い」についての他の質問

Q: 「お手洗いに行ってもいいですか?」は敬語で何と言いますか?
A: ❶「お手洗い」はフォーマルな場面で最も使われる表現で、十分丁寧だと思います。

❷「行く」を謙譲語にして「参る」とすることができますが、実際のところあまり使われていない印象です。日常表現としては少し堅苦しい感じがします。

※時代劇などでは「では、参りましょうか」と、よく使われますが、最近だと、「お墓参り」、「お宮参り」などの名詞化した表現、あるいは、職場でのスピーチ等で「~して参りたいと考える所存です」などかなり格式ばった表現でのみ使われているのではないかと思います。そのため、「トイレに行く」と言う場合の「行く」を、「参る」と表現すると堅苦しさが生じます。
(この感覚は人によって多少相違があるかもしれませんので、参考程度に留めて下さると幸いです)


❸「いいですか?」は「宜しいでしょうか?」と言い換えられます。

(小括)
「お手洗いに参っても宜しいでしょうか?」
「お手洗いに行っても宜しいでしょうか?」
などとなります。

自分であれば、
「すみません、お手洗いに行きたいのですが、少し失礼しても宜しいでしょうか?」
などと言うと思います。
Q:手洗いとトイレと便所の差が知りたいです。
性別とか年齢によって違って使いますか?
A: 便所は、意味はわかりますがあまり使わないです。
年配の男性がよく使うと思います。


性別や年齢よりも、シチュエーションで分けます。一般的に1番よく使うのが「トイレ」ですが、よりフォーマルな場所や、丁寧な表現が「お手洗いです。」
Q: 「お手洗いはどこですか」の発音を音声で教えてください。
A: QAの全文をご確認ください
Q:手洗いの発音を音声で教えてください。
A: QAの全文をご確認ください
Q:手洗いなら、このランプをまっすぐ行って、右手に部屋が見えましたらそこへ曲がって、その部屋の奥です。 この表現は自然ですか?
A: Grammatically fine, but the content seems to be somewhat confusing in some points from a customer's viewpoint.
a. このランプをまっすぐ行って is not usual expression, because ろうか can go straight but a lamp can't. Maybe このろうかをxxメートルほどまっすぐ行って works better.
b. 右手に部屋が見えましたらそこへ曲がって、その部屋の奥です。 is ambiguous, too. I think customers need a little more expression about what the "room" looks like. Maybe you meant 右手にドアがあるので、それを入って、つきあたりがトイレです。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

手洗い

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問