数多の例文や意味・使い方に関するQ&A

「数多」を含む文の意味

Q: 数多の冒険を繰り広げる とはどういう意味ですか?
A: もしかしたら「幾多(いくた)の冒険を繰り広げる」でしょうか?
(あるいは「数多(かずおお)くの冒険を繰り広げる」?)

たくさんの冒険を次々に行う(次々にチャレンジしていく)というような意味です。

「数多」の類語とその違い

Q: 数多 と 幾多 はどう違いますか?
A: かなり難しいですね。
数多・・・ 「彼は優秀で引く手数多だ。」
幾多・・・ 「幾多の試練や困難を乗り越えてきた。」

「幾多」の方がより固い文章で使われる気がします。

「数多」についての他の質問

Q: 数多の発音を音声で教えてください。
A: あまた
Amata
── It means "so many".
Q: この「数多」と「余る」2つの単語には(例えば語源の)関係がありますか。
A: ある辞書にはそのように書いてありますね。これが正しければ同じ語源だということになります。
ただし「という」とありますから、辞書の編者も確証があって書いているわけではなさそうです。そういう説があるらしい、程度に考えておいた方が安全だと思います。

> 「あまる」 「あます」などの語幹と同じ語源の「あま」に接尾語「た」の付いたものという

数多 - Weblio辞書
http://www.weblio.jp/content/%E6%95%B0%E5%A4%9A

----
数多」と「余る」という二つのの単語には、例えば語源が同じなどの関連性がありますか。
Q:数多の苦難を乗り越える」の「あまた」は「たくさん」という意味だけど、何パーセント日本人はこの言葉が知ってると思いましか?
A: 苦難という言葉を知っている人ならほぼ知っていると思いますよ。
小さい子は分からないと思いますが。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

数多

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問