林檎の例文や意味・使い方に関するQ&A

「林檎」を含む文の意味

Q: 林檎桃問題 とはどういう意味ですか?
A: 林檎(りんご)=apple
桃(もも)=peach
問題(もんだい)=problem

I don't understand that meaning. That is mixture of kanji, not a Japanese sentence.
Q: 林檎はバナナのほど高くないです とはどういう意味ですか?
A: apple is not so expensive than banana
Q: 林檎を持っています とはどういう意味ですか?
A: I have an apple.
Q: 林檎を食べてくれる とはどういう意味ですか?
A: Somebody ( whom the speaker wants to eat apples) eats apples.

「林檎」の使い方・例文

Q: 林檎 を使った例文を教えて下さい。
A: 林檎を買いにスーパーマーケットへ行きます

「林檎」の類語とその違い

Q: 林檎 と 苹果 はどう違いますか?
A: 今は、りんごは林檎という表現で使い、苹果(ひょうか、へいか)は明治の前半から昭和の前半までは使われていたようですが、今ではほとんどの方がそのように言うことはありません。
 苹果(ひょうか、へいか)は、業界用語だけしか使われていないようです。

 日本でりんご=林檎といっていたのは、中国から渡来した「和りんご」とか「地りんご」と呼ばれる粒の小さな野生種。
 明治期に海外から、導入された果実の大きな西洋りんごを、在来種と区別するために「苹果」とよんでいました。
 やがて西洋林檎が主流になり、西洋りんごも和りんごもすべて林檎といわれるようになったようです。
Q: 林檎が好き と 林檎を好き はどう違いますか?
A: 同じです。

ですが、〜を好きはほとんど使いません😊
Q: 林檎が食べたいです と 林檎が食べるのがほしいです はどう違いますか?
A: You can’t say “林檎が食べるのがほしいです”.
林檎が食べたいです” is correct.

someone + want to + adjective

someone + adjective + (し)たいです

eat
食べる+したい→食べたい

come back/return
帰る+したい→帰りたい

read
読む+したい→読みたい

walk
歩く+したい→歩きたい

talk/speak
話す+したい→話したい
Q: 林檎 と 苹果 はどう違いますか?
A: 林檎 is a Japanese word, but 苹果 is a Chinese word. same meaning!
Q: 林檎がいません と 林檎がありません はどう違いますか?
A: We don't say "りんごがいません"。Normally, when we use 〜いません, the subject should be a person or other living things. for example,

彼女がいません。(I don't have a girl friend)
いま寒いので、虫がいません。There is no bugs because it's too cold.

On the other hand, we use 〜ありません for a thing.

お金がありません。(I have no money)
食べ物がありません。(I don't have any food)

「林檎」を翻訳

Q:林檎飴」とは特別な意味はありませんか? は 日本語 で何と言いますか?
A:

it means " a candy of apple taste"

but I don't know where you find the word, so it's hard to guess your saying "特別な意味".

I mean I don't know the context.
Q: what would you call candy that tastes like apples? 林檎味ですか? は 日本語 で何と言いますか?
A: りんご味
Q: apple? is it 林檎 or リンゴ cause ive seen both around. why do some people use kanji and others use katakana は 日本語 で何と言いますか?
A: ○: りんご→I usually use this one. I like hiragana.
○: リンゴ→general use or biological term
○: 林檎→This mainly appears in literary works or when he/she wants to be pedantic. It was quite rare before 1990's, where we did not have automatic kanji converting system.

○: みかん→general use
△: ミカン→biological term
△: 蜜柑→a word for kanji quiz!!

○: なし→general use
○: ナシ→general use or biological term
○: 梨→this also used in general
Q: 林檎が美味しい は 日本語 で何と言いますか?
A: 林檎が美味しいであってますよ。
もっと、くだけた言い方なら、
「この林檎おいしいね〜!」など、いかがでしょう?

「林檎」についての他の質問

Q: Is this correct?
林檎はですか?
Is that an apple?
A: は after 林檎 is unnecessary. Also, adding それ (that) at the top of the sentence would be better.

It should be like this: それは林檎ですか?
Q: does the word 林檎 come from the word 苹果 in Chinese? coz they sound kinda similar to me
A: Probably it's not the case. Kanji characters have different origins and meanings.
Q: do you use the kanji 林檎 ? or you write りんご ?
A: りんご または リンゴ .
Q: この林檎は私の恋人です この表現は自然ですか?
A: рамматически хорошо. Но странно.
Grammatically good. But weird😅
Q: would you use "林檎かいる" or "林檎かある" and why?
A: 林檎「が」ある is a correct sentence.

ある is used for things and いる is used for people and animals.

ex.)
本がある。
テーブルがある。
人がいる。
猫(ねこ)がいる。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

林檎

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問