決闘の例文や意味・使い方に関するQ&A

「決闘」を含む文の意味

Q: 決闘果じゃ合だも戲談として容易く申込み、容易申込まる。世の中、其言論に自ら責を負う覚悟ありやと問ふ丈が不粹なり。 とはどういう意味ですか?
A: 読み間違いか書き間違いを含んでいるようです。もし原文を撮影できるようなら、撮影してこの質問に添付していただけますか。

およその要旨は判読できましたが、一部、混乱しているように見受けます。

「決闘」の類語とその違い

Q: 決闘 と 格闘技の試合 はどう違いますか?
A: 決闘は、例えば西部劇(western)でよくある、銃(gun)で打ち合うようなことです。昔の日本では侍(samurai)が刀(katana)で決闘しました。格闘技は、ボクシングや空手(karate)のようにルールにしたがって戦うことです。

「決闘」についての他の質問

Q: 決闘/果たし合い/格闘/取っ組み合い/掴み合い/組み討ち

上記の内、武器を持って戦うのはどれですか?
決闘と果し合いは、武器を持って戦うのも含み、あとは素手でするのでしょうか?
A:

決闘/果たし合い/組み討ち →武器あり

※組み討ち
中世から近世初頭にかけての日本の戦場で、敵将を倒し組み伏せて、鎧通しでその首を取ったことからきてるので、武器アリかと。

昔、高校生のタイマンの殴り合いで、「決闘罪」という法律が適用された事があるくらいだから、武器、素手が含まれるのではないでしょうか。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

決闘

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問