津田の例文や意味・使い方に関するQ&A

「津田」についての他の質問

Q: 津田は眼を上げて柱時計を見た。時計は今十一時を打ったばかりのところであった。結婚後彼がこのくらいな刻限に帰ったのは、例外にしたところで、けっして始めてではなかった。

-- 夏目漱石『明暗』より

問題のある文は「けっして始めてではなかった。」です。


この「始めて」の意味はなんですか。英語での「first time」だと理解すれば、この「始めて」は「初めて」になるではないでしょうか。

他の使い方や意味がありますか。

ありがとうございます
A: 夏目漱石の時代は、「first time」を「始めて」と書くこともありました。他の小説家も使っているようです。でも、現代の日本語なら、あなたの言うように、「初めて」が正しいです。你對日語的了解很深刻!
Q: 津田三郎という日本の作家は実存していた人なんだが、この事実は『詩人の靴』に関係があるか偶然であるのだろうか。 この表現は自然ですか?
A:津田三郎という作家は実在の人物なのだが、尾崎翠の短編小説『詩人の靴』に彼のことが描かれているのは偶然だろうか。」
Q: 津田三郎
読み方は何でしょうか。
A: 亡くなられた作家さんのことでしょうか。「つだ さぶろう」と読むようです。
Q: 津田朱里さんが歌いました。
「心はいつもあなたのそばに」曲の歌詞について、ちょっと意味が分からないところがあります。
A: 平気なふりをしているが、本当は私は弱い人間です。
「私は弱い人間だ」ということをあなたに伝えたら、あなたは私から離れてしまうかもしれない。もしそうなってしまうのなら、「私は弱い人間だ」ということを、あなたに隠しておきます。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

津田

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問