理財の例文や意味・使い方に関するQ&A

「理財」についての他の質問

Q: "理財局の総務課長などは、この答弁までは実際には記録が残っていると認識していたとしています"の中で"としています"はどういう意味ですか。
日本語で説明してもらえませんか。
A: この表現は主に報道機関が、公的な機関(役人・役所)の発表を伝える際に使われている表現です。本当は、「認識していたと言っています」と言えばいいのに、わざわざ「認識していたとしています」とするのは、報道に中立性・客観性があるような印象を与えることができるからです。しかし、「~としています」というのは曖昧な表現です。そのため報道機関の中においても、この表現には批判的で、「と発言しています」とか「と判断しています」とか「と反論しています」等のように具体的な表現を使うべきだという意見もあるようです。

参考:http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/nihongo/labo/lab_007/body.html

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

理財

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問