畏れ多いの例文や意味・使い方に関するQ&A

「畏れ多い」を含む文の意味

Q: 畏れ多くも とはどういう意味ですか?
A: 1.申しわけなくて頭が上がらない。恐縮だ。
2.大変にありがたい。もったいない。

目上の人やビジネスの上司などに対して使います。

「畏れ多い」についての他の質問

Q:畏れ多くもティンポール様であられるぞ」
のこの「も」が分かりません。

並列の役割を果たして、「畏れ多い」のと「ティンポール様」が同じくらいだということを表し、「ティンポール様は(=)畏れ多い」ということを言ってるのでしょうか?

それか「畏れ多くもやりましょう」のように「畏れ多い」ことを強調して、「畏れ多いがティンポール様でいらっしゃるんだよ」と言うふうになるのでしょうか?

お願いします、どうか。



A:
この場合は「ティンポール様=畏れ多い」です。畏れ多いティンポール様を敬え、という意味ですね。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

畏れ多い

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問