自らの例文や意味・使い方に関するQ&A

「自ら」を含む文の意味

Q: 自らに課する とはどういう意味ですか?
A:
うーん、特にほめる時に使う感じはしません。

「〜を課す」は、厳しい制限や目標、課題を自分に背負わせている時に良く使います。誓いをたてる、のような雰囲気です。
だから、いろんな場面で使えますが、少し「真面目」で「深刻な」雰囲気のある言葉です。

ほめるときに使うのなら、
「そんなに厳しい制限を自分に課しているなんて、すごいですね」
と言うことはできます。

また、「そんな無理な目標を自分に課さないで、もっと気楽に生きようよ」
のように否定的な文章にも使えます。

「私は、毎日ランニングするという目標を自らに課した」
「彼は、酒を飲まないという目標を自らに課している」
「彼女はおやつを食べないという制限を自らに課している」
Q:自らが置かれている立場に満足のいかないこと」の「いかない」 とはどういう意味ですか?
A: 満足できないということです
Q: 自らを鍛え上げる とはどういう意味ですか?
A: Build up / Brush up myself
Q: 自ら(日銀はこれまでお札の行方に神経を使い、多くは一般廃棄物として自ら焼却処理してきた) とはどういう意味ですか?
A:
Significa “por mi/tí/sí mismo.”

日銀はこれまでお札の行方に神経を使い、多くは一般廃棄物として自ら焼却処理してきた
El banco “Nichigin” ha incinerado mucho dinero por sí mismo mientras cuidar el paradero del mucho dinero.
Q: 自ら安心を求めかねて衆人の世渡の助ともならばあに可ならすや されば小説は瑣事にあらず 之をいやしといふは非なり。 とはどういう意味ですか?
A: あまり自信がないですが、だいたい以下のような感じかと思います。
--------------------------------
自ら迷いのない境地を求め、すでに(?)多くの人の生活の助けになっているとすれば、どうしてよくないということがあろうか。そうであるから、小説は小さなつまらないものではない。これを見下すのは誤りである。

「自ら」の使い方・例文

Q:自ら」と「自分」。 を使った例文を教えて下さい。
A: 彼は自ら戦った。
He fought it himself.

自分のことを好きでいたい
I want to like myself.

それは彼女が自らやったことだ。
It is what she willing to did (on her own).
Q: 自ら を使った例文を教えて下さい。
A: 社長自ら運転する。
Q: 自ら を使った例文を教えて下さい。
A: 自分から、受動的に っていう感じですね!
Q: 自ら を使った例文を教えて下さい。
A: 天は自ら助けるものを助ける(てんはみずからたすけるものをたすける)
Heaven helps those who help themselves.

「自ら」の類語とその違い

Q: 自ら と 直接 はどう違いますか?
A: 自らは、自分の方から、で、特に意思の方向性を感じさせると思います。
直接は、間に物、時間、場所、人等何かが介在しないということです。

直接に、もともとはself の意味はないと思います。ただ「自分とは別な人」が介在しない=self ということで、使うケースは限定されると思います。
Q: 自ら動く と 自分で動く はどう違いますか?
A: 同じ意味として解釈できます。
もし違いを示すとすれば、自ら動くはautomation/automaticの意味合いも意識しやすいですが、自分で動くは do it myselfの意味合いを意識しやすいです。
ただ、意識しやすさなだけで、どちらもこれらの意味を含みます。

難しい質問でした。
Q: 自ら と 自分 はどう違いますか?
A: 「自分」は名詞なので、文にするときには助詞(に、を、はetc.)が必要です。「自ら」は「自分で」と同じ意味で副詞なので、動詞(~する、とか)と一緒に使います。また、「自ら」のほうには自分から意思を持って行う、というニュアンスが含まれます。
自分で掃除した
自ら掃除した=自分から進んで掃除した
Q: 自ら、自分 と 自身 はどう違いますか?
A: 自分=I'm
自身=myself
自ら=my own
Q: 自ら (おのずから) と 自ら (みずから) はどう違いますか?
A: It depends on the context but generally speaking when you use みずから、it sounds like someone does something by his or her own will while it sounds like things happen by the course of nature when you use おのずから

「自ら」を翻訳

Q: 自ら は 日本語 で何と言いますか?
A:
みずから です

「自ら」についての他の質問

Q:自ら好むところはよく弁えているが、望むところと言われるとはたと困る」ここの「ところ」を「こと」とか「もの」とかに替えていいですか?もしよければ区別はなんですか?
A: 都可以
我觉得「ところ」是书面语
Q: 自ら旅行計画を立てただけでなく、友達の通訳ガイドとして色々案内しました この表現は自然ですか?
A: × 自ら旅行計画を立てただけでなく、友達の通訳ガイドとして色々案内しました
自ら旅行計画を立てただけでなく、友達の通訳ガイドとしていろいろな場所を案内しました

Q: 自らの高齢化が進む被爆者の代表者は、今回も再検討会議や展示の[[場]]に赴く。

ば / じょう
どっちに読みますか? そしてどうわけますか
A: 「ば」に赴く です。

「じょう」と読む場合は、他の言葉と付けて使うことが多いです。
練習場(れんしゅうじょう)
駐車場(ちゅうしゃじょう)
野球場(やきゅうじょう)などなど。
Q: how can I use 自らin a sentence?
A: 日本人は自ら発言することは少ない。
共有スペースは自らすすんで整理しよう。
などなど
formalか、かなり気取った言葉になります。
Q: 自らと私の区別は何でしょう。
教えてくれませんか。m(_ _)m
A:自ら」は主語を反映する言葉で、「私」とは限りません。
自ら」は代名詞または副詞として使います。「私」は副詞としては使えません。

彼は、自らの財産を差し出した。
彼は、休日には自ら料理をする。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

自ら

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問