船津の例文や意味・使い方に関するQ&A

「船津」についての他の質問

Q: 船津・浅川(2014)は「土着型社会から流動型社会へ=コミュニティの崩壊」を示唆した。これを踏まえると、コミュニティの衰退は土着型社会から流動型社会への転換の結果、そしてコミュニティの再生は流動型社会から土着型社会への転換の結果という結論がわかる。具体的にいえば、炭鉱が閉山した以降、離職者は元の居住地から離れて、就職のため移動したという過程は、土着型社会から流動型社会への転換、つまり炭鉱労働者コミュニティの衰退ということである。そして、無事に再就職した後、また居住地を固定したら、コミュニティを再生するわけである。 この表現は自然ですか?
A: × これを踏まえると、コミュニティの衰退は土着型社会から流動型社会への転換の結果、そしてコミュニティの再生は流動型社会から土着型社会への転換の結果という結論がわかる。
✓ これを踏まえると、コミュニティの衰退は土着型社会から流動型社会への転換の結果、そしてコミュニティの再生は流動型社会から土着型社会への転換の結果という結論になる。

× 具体的にいえば、炭鉱が閉山した以降、離職者は元の居住地から離れて、就職のため移動したという過程は、土着型社会から流動型社会への転換、つまり炭鉱労働者コミュニティの衰退ということである。
✓ 具体的にいえば、炭鉱が閉山して以降、炭鉱で働いていた人々な元の居住地から離れて就職のため移動したという過程は、土着型社会から流動型社会への転換、つまり炭鉱労働者コミュニティの衰退だということである。

× そして、無事に再就職した後、また居住地を固定したら、コミュニティを再生するわけである。
✓ そして、無事に再就職した後、また居住地を定めると、そこでコミュニティを再生するわけである。

Q: 船津・浅川(2014)は「土着型社会から流動型社会へ=コミュニティの崩壊」を示唆した。これを踏まえると、コミュニティの衰退は土着型社会から流動型社会への結果、そしてコミュニティの再生は流動型社会から土着型社会への結果という結論がわかる。具体的にいえば、炭鉱が閉山した以降、離職者は元の居住地から離れて、就職のため移動したという過程は、土着型社会から流動型社会への転換、つまり炭鉱労働者コミュニティの衰退ということである。そして、成功に再就職した後、また居住地を固定したら、コミュニティを再生するわけである。 この表現は自然ですか?
A: × これを踏まえると、コミュニティの衰退は土着型社会から流動型社会への結果、そしてコミュニティの再生は流動型社会から土着型社会への結果という結論がわかる。
✓ これを踏まえると、コミュニティの衰退は土着型社会から流動型社会への変化/転換の結果、そしてコミュニティの再生は流動型社会から土着型社会への変化/転換の結果という結論がわかる。

× そして、成功に再就職した後、また居住地を固定したら、コミュニティを再生するわけである。
✓ そして、成功裏/成功裡に再就職した後、また居住地を固定したら、コミュニティを再生するわけである。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

船津

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問