萩原の例文や意味・使い方に関するQ&A

「萩原」を含む文の意味

Q: 萩原 朔太郎さんの[群集の中を求めて歩く]の中で
[たのしき波のあなたにつれられて行く心もちは涙ぐましくなるやうだ]
という文はどういう意味ですか? とはどういう意味ですか?
A: 波のあなた…

は「波の彼方」という意味でしょう

群衆の波の向こうに連れられていく気持ちは、涙ぐましくなるようだ…

「萩原」を翻訳

Q: 萩原朔太郎をネットで調べる時、彼の詩「月に吠える」を読んで、彼の作品「猫町」に深い興味を持ちました。「猫町」の冒頭で、ショーペンハウアーの言葉を借りました。「ハエを一匹殺すとき、ハエの本質は消えない。死んだのはハエの表象だけです。」これは死なない蛸と同工異曲です。死んだのはタコの胴体だけで、死なないのはタコの欲望だ。体は死んでしまうが、精神世界は消えない。機会があればぜひ「猫町」を読んでみたいです。
不自然なところをご指摘ください。お願いいたします。 は 日本語 で何と言いますか?
A:
萩原朔太郎をネットで調べて、彼の詩集「月に吠える」を読んだ後、別の作品「猫町」に深い興味を持ちました。
「猫町」の冒頭ではショーペンハウエルの言葉が引用されています。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

萩原

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問