虚ろの例文や意味・使い方に関するQ&A

「虚ろ」を含む文の意味

Q:虚ろに」 とはどういう意味ですか?
A: この場合の「虚ろ」は、虚しく(むなしく)通り抜けていった。
と解釈するのがいいのではないでしょうか。
胸の穴を通り抜けるは比喩表現です。
胸にぽっかり穴が空く。それだけでも虚しいのに、そこに風が通り抜けるのは
かなり虚しい感じがします。
Q: 虚ろな目で、あらぬ方向を見ていました とはどういう意味ですか?
A: 「ぼんやりと焦点が合っていない眼で、まったく別の方向を見ていた」といった意味だと思います。
Q: 虚ろな表情 とはどういう意味ですか?
A: ぼんやりした表情

「虚ろ」の類語とその違い

Q: 虚ろな目 と 虚しい目 はどう違いますか?
A: 虚ろな目 中身が何もないこと 寝惚けている目
虚しい目 空虚である 

目に使う時は、「虚ろな目」を使う事が多いです。

彼は虚ろな目をしている。
受験に落ちてから、ずっと虚ろな目をしている。
起きたばかりで、虚ろな目をしている。

虚しいは、気持ちが虚しい、最近虚しくなってしまって、やる気が起こらない。
そういう状態の時に、「虚しい目」になっていると言えるかも知れません。

「虚ろ」についての他の質問

Q: 虚ろ:あの虚ろな目がある女の人は誰ですか。

向こう:私の家はあの川の向こうにあります。

植える:あの登山家は一人で小屋に住んで、野菜を植えた。 この表現は自然ですか?
A: × 虚ろ:あの虚ろな目がある女の人は誰ですか。
虚ろ:あの虚ろな目をしている女の人は誰ですか。

Q:虚ろ」と「虚しい」何が違いますか。
A: 虚ろは、様子。
虚しいは、気持ち。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

虚ろ

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問