親会社の例文や意味・使い方に関するQ&A

「親会社」を含む文の意味

Q: 親会社 とはどういう意味ですか?
A: It means parent company.
Q: 親会社株主に帰属する当期純利益 とはどういう意味ですか?
A: Current net income belongs to the shareholders of the parent company.

「親会社」の類語とその違い

Q: 親会社から子会社へ商品を販売する場合も、グループ内の取引になるため、取引を消去する。 と 親会社から子会社へ商品を販売する場合も、グループ内の取引であるため、取引を消去する。 はどう違いますか?
A: 意味はほぼ同じですが、使われる文脈によって変わると思います。
前者は、概念を説明するときに使われます。後者は、手順を説明するときに使われます。
つまり、後者は聞き手がすでに「グループ内取引」というものが分かっていると仮定できる場合に使います。

「親会社」についての他の質問

Q: 親会社株主に帰属する四半期純利益の発音を音声で教えてください。
Q: たとえば、親会社は100円購入した商品は、販売子会社は200円販売したとする。だが、実際に140円で販売せざるを得ない。
その時、親会社の決算書は100円の利益を計上され、一方、子会社の計算書では60円の損失を計上された。
親会社の単体の決算書を見るだけ、この60円の損失はわからない。
支配関係があるグループ会社間の取引が妥当か否かを外部から判断するのは難しい。そこで、企業グループ全体を見られる決算書いわゆる連結計算書は必要である。
このような場合では、100円で仕入れの商品は外部に140円で販売されるのは明らかである。
この表現は自然ですか?
A: 以下のように修正してみました。助詞の使い方に注意してください。
たとえば、親会社が100円で購入した商品を、販売子会社が200円で販売するとする。だが、実際に140円で販売せざるを得ないとする。
その時、親会社の決算書には100円の利益が計上され、一方、子会社の計算書には60円の損失が計上される。
親会社の単体の決算書を見るだけでは、この60円の損失はわからない。
支配関係があるグループ会社間の取引が妥当か否かを外部から判断するのは難しい。そこで、企業グループ全体を見られる決算書、いわゆる連結計算書が必要となる。
このような場合、100円で仕入れた商品が外部に140円で販売されていることが明らかになる。
Q: 親会社の取締役員や役員会会長の前に、子会社の社長が「我々は最重要海外子会社になるように目指しております。」を言うとおかしいでしょうか。
今の会社の社長はアメリカ人で、英語でよく「We want to be the flagship company in the ○○ group.」と発言しますが、日本語に訳すと立派な目標として受け取られていないと思います。ただ自慢しているだけに聞こえますでしょう。(もう結構な実績を出していますので、今でも「flagship company」とも言えますから)
どう思いますか?もっと良い訳し方があるのでしょうか?
A: 最重要海外子会社という表現は、無理やり1つの単語(one word)で言おうとしているように聞こえて、口語では違和感があります。
自然な表現に言い換えるなら、「我々は最も重要な海外の子会社になるように目指しております」
ただ、わざわざ「子会社」と言わなくても良い様な気もします。
「我々は○○グループを代表する様な会社になるように目指しております」だと自然な言い方だと思います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

親会社

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問