野鳥の例文や意味・使い方に関するQ&A

「野鳥」を含む文の意味

Q:野鳥が一杯いるよ」小鳥を持ち出してもあまり効果はなかった。 とはどういう意味ですか?
A: 野鳥がたくさんいると言うことを理由に、相手の興味関心を自分の方に向けようとしたけれど、ダメだった、という意味です。
Q:野鳥に芽を食い荒らされた年もあったが、メンバーはあきらめずに剪定、施肥を続けつ。群馬や埼玉など他県の名所を見学して運営方法も研究。)細々と始まった「寄ロウバイ園」に尋ねる人は増え、新しい観光地となった。  という文の「細々と始まった」 とはどういう意味ですか?
A: 規模の小さい状態から始まった、という意味です。
例文の場合は蝋梅園の話をしているので、例えば最初は蝋梅の木が数本しかなかったとか、現在よりも面積が小さかったとか、数人の愛好家が個人的に育てているだけであり、町で管理しているわけではなかったとか、色々な可能性が考えられます。
Q: 野鳥の楽園 とはどういう意味ですか?
A: the paradise for birds
→the place has good environment for birds and there are many kinds of birds

「野鳥」についての他の質問

Q: 野鳥 この表現は自然ですか?
A: QAの全文をご確認ください

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

野鳥

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問