陶の例文や意味・使い方に関するQ&A

「陶」を含む文の意味

Q: 晴賢火あぶり・イワシをイメージ。上部分はさっぱりと、だけれどド部分は燃え盛る炎。表裏ある家紋 とはどういう意味ですか?
A: QAの全文をご確認ください

「陶」を翻訳

Q: 笛 は 日本語 で何と言いますか?
A: オカリナ
Q: 藝(瓷工藝)、拉胚 は 日本語 で何と言いますか?
A: 藝:芸(とうげい tou gei)

这台是轆轤(ろくろ roku ro)但 我不知道拉胚的日語
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%BD%86%E8%BD%A4&hl=ja&tbm=isch&imgil=3vOcYrc9CB_8sM%253A%253BdVJszodz6DR32M%253Bhttp%25253A%25252F%25252Fblog.goo.ne.jp%25252Faisangamanob%25252Fe%25252Ff486728701399c9b44574e9fea393762&source=iu&pf=m&fir=3vOcYrc9CB_8sM%253A%252CdVJszodz6DR32M%252C_&usg=__LFyLS8LcbygsSXrZSFvGzYYkpH8%3D&biw=1366&bih=662&ved=0ahUKEwivw7-E9NPWAhXDp48KHQ8FAJ4QyjcIVQ&ei=ATnTWe--AcPPvgSPioDwCQ#imgrc=_
Q: 笛 は 日本語 で何と言いますか?
A:
オカリナ
Q: 悦 は 日本語 で何と言いますか?
A: 日本人の名前なら「とう・えつ」、中国語 tao yue の音写ならタオ・ユエだと思います。

「陶」についての他の質問

Q: 淵明の生活にはお酒を一瞬でも離さないと言ってもいいくらいに、ほんとうにお酒好きな詩人のひとりである。彼の詩句を読むと、多数の詩句は軽く酔っているような状態で完成しているかということを思ってしまう。一番後世に好かれているのは彼の田園詩句である。一見ありふれた一句一句で結ばれている彼の詩句には、実に超脱な感情がこもられている。従来、景色を描く詩句には、人と景色が観賞側と観賞される側に分かれ、景色を上手にえがくのが数え切れないほどいるが、人と景色の融合がうまく出来ない。しかし、淵明はそうではない。彼は自然に自分を景色の中に入らせ、人、物との融合でこころを触れるような絵図を構成していく。その中の代表作は『飲酒二十首』の詩句で、一番説得力のある詩句はその五だと思われる。とくに、「採菊東篱籬、悠然見南山」という二つの言葉には、ほんとうにパッと視角が開かれ、籬に立つ軽く酔っている姿が目の前に見え、
さらに、聳えている南山も視線に入ってくる。読む側も、自然にその広げた景色と、世間を見通した、超脱な姿を感じられる。南山にとって淵明は観察ものではなく、菊を採っている間に、不意な一瞥で、南山が自然と見に入った。まるで、景色に融合し合って、絵図の一部分となったようで、ここで、人と自然は、彼の詩句によって、調達されている。ここは、まさに、王国维が『人间词话』で「以物观物、不知何者为我、何者为物」という「無我」の境地に達しているのではないかと考えられる。
  経済の発達によって、生活リズムがどんどん早くなっている物欲溢れた現代文明を生きている中で、淵明のような処世観を少し学んだほうがいいのではないかと思われる。
A:  きりがないのでこの位で

 淵明は、生活の中でお酒を一瞬も離さないと言ってもいいくらい、本当にお酒好きな詩人のひとりである。彼の詩句を読むと、多くの詩句は軽く酔っているような状態で書かれているかのようである。
 一番後世に好かれているのは彼の田園詩句である。一見ありふれた一句一句で結ばれている彼の詩句には、実に超脱した感情が込められている。従来景色を描く詩句には、人と景色が観賞する側と観賞される側に分かれ、景色を上手に絵描く事が多いが、人と景色の融合がうまく出来ていない。しかし淵明はそうではない。彼は自然に自分を景色の中に溶け込ませ、人、物との融合でこころに触れるような絵図を構成している。
 その中の代表作は『飲酒二十首』の詩句で、一番説得力のある詩句はその五だと思われる。特に、「採菊東篱籬、悠然見南山」という二つの言葉からは、本当にパッと視界が開かれ、軽く酔って籬に立つ姿、さらに聳えている南山が目に浮かぶようだ。読む側も、自然にその広がった景色と世間を見通した超脱な姿を感じる事ができる。南山は淵明にとって観察するものではなく、菊を採っている間に不意な一瞥で自然と見入ってしまうものであり、そして彼自身はまるで景色と融合した絵図の一部分となったようだ。こうして人と自然が彼の詩句の表現によって、一体化されている。この時まさに、王国维による『人间词话』で「以物观物、不知何者为我、何者为物」という「無我」の境地に達しているのではないかと考えられる。
  経済の発達によって、生活リズムがどんどん早くなっている物欲溢れた現代文明を生きている中で、淵明のような処世観を少し学んだほうが良いのではないかと思われる。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問