非の例文や意味・使い方に関するQ&A

「非」を含む文の意味

Q: は先方にある とはどういう意味ですか?
A: 錯誤是對方負責的
Q: 「無、不、未、反、否、」 は形容詞の前に組み付けますが、どうやって使いますか とはどういう意味ですか?
A: 形容詞でなく、名詞です。
無+意味=無意味(むいみ meaningless)
Q: を鳴らす とはどういう意味ですか?
A: To slammed
To criticize violently
Q: がある とはどういう意味ですか?
A: あなたにがある: It's your fault.
私にがある:It's my fault.

「非」の使い方・例文

Q: がある を使った例文を教えて下さい。
A: 完全にあの人のミスだ。
自分のを認めない。
both very natural.

あの人にがある。

「非」の類語とその違い

Q: と 錯誤 はどう違いますか?
A: denies the adjective after it.
錯誤 is a technical term meaning mistake, error, and misunderstanding.
Q: 不 と はどう違いますか?
A: 「不都合」
「都合が悪い」という意味です。
仮に「都合」という表現があったら「都合ではない」という意味になると思います。しかしこれでは意味が通らないので「不都合」という使い方になるのかもしれません。

売品」
「売り物ではない」という意味です。
一方「買運動」と言わずに「不買運動」と言います。
もし「不売品」という言葉が使われると、私には「売らない物である」と言われたように感じます。売り手の意思を含むという意味です。

常識」
「〜(という行為)は常識だ」と言えば、それが「常識的な行為でない」という意味だと思います。

私の感覚では、部分的に否定する、言い方を換えれば程度を否定する場合に「」を使うと不自然に感じるような気がします。

例:不敬、不明、不快、不親切、不器量

そして0か1、つまり在るか無いかはっきりする物事には「」を使うのかもしれません。

例:売品、常、認、道、現実的、科学

「常識が足りない」という言い方もあるので「不常識」と言っても良さそうな気がしますが、これは慣例的に言わないということかもしれません。

とはいえ「不」で完全な否定を表すことも、逆に「」で程度問題だと考えられる物事を否定することもあると思います。また、意志の有無には関係ない言葉も多いと思いますから、色々な使い方があるということかもしれません。

例:
常識、力、
不在、不正、不可

すっきりとした回答ではありませんが、多少なりとも参考になれば幸いです。

「非」を翻訳

Q: の打ちどころのない 是什么意思 は 日本語 で何と言いますか?
A: この人は非の打ち所がない。

这个人太好了,没有什么好说的了。没有什么缺点

「非」についての他の質問

Q: 「最」 の意味や使い方はどうですか?
What does this mean and how is it used? I've seen this this but I don't understand it.
A: 「是非」でしょうか?
「ぜひ」とよみます。

ex)「こんどケーキをたべにいきましょう」とさそわれた。
「いきたいです」より「ぜひ、いきたいです」のこたえかたのほうが、いきたいきもちが大きいかんじがします。
Q: と不のちがいはなんですか?
A: 同じ意味ですが、使い方が違います。
"不" denies the proverbs (verb, adjective, adjective verb)=〜しない
 不買=買わない;不明=明らかでない;不良=良くない;不可能=できない
"" is attached to a phrase and makes a meaning behind it.
 礼=礼儀がない=失礼な;行=行いに背く=良くない行い
 
Q: 「不」や「」などに相当する打ち消しの接頭語は、和語では存在しますか。

単純な大和言葉のみで現代のものを表そうというツイッター(https://twitter.com/GendaiYamato)
を始めましたが、その漢字を使わないと、打ち消しの意味を複合語に入れて表現するのがなかなか難しいですよね。

「べからず」や「まじ」という接尾辞はあるのですが、複合語を作るには接頭語の方がふさわしいと思っているので、何かその役割を果たす大和言葉はないかとお尋ねしたいのです。
A: 英語でもラテン語系の単語と違い、アングロサクソン系の言葉は接頭語などがないように思います。漢語と和語は上記のそれぞれに類似する点が多いと感じます。和語に接頭語は馴染まないように思われます。

そもそも打ち消しは否定と違い、先に述べたことを後で打ち消すものですから、語頭から否定する接頭語とは仕組みが違いますから。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問