風力の例文や意味・使い方に関するQ&A

「風力」についての他の質問

Q:風力発電機によって、風害が電気エネルギーに転換され、全国各地へ絶えず送電されている」という文の「によって」は、「受身動詞が表す動作・作用の主体を表す」か、あるいは「方法・手段・材料・仲介・依拠などを表す」か、教えていただけますでしょうか。
A: 「方法・手段・材料・仲介・依拠などを表す」のが正しいです。「風力発電機」という手段を表しています。
Q: 風力発電機の巨大な羽根が夏のさわやかな風の中に悠然とゆっくり回っている。 この表現は自然ですか?
A: × 風力発電機の巨大な羽根が夏のさわやかな風の中に悠然とゆっくり回っている。
風力発電機の巨大な羽根が夏のさわやかな風の中で悠然とゆっくり回っている。

If you remove “ゆっくり”, the the sentence becomes more natural. Because the images of “悠然” and “ゆっくり” are nearly the same.
Q: 風力5の風は、このドアが吹いて開けられる。
この表現は自然ですか?
A: 風力5の風には、このドアが開けられるほどの勢いがある。
Q: 風力 発電施設 建設 この表現は自然ですか?
A: 今回の風力発電所の建設は、自然エネルギー開発において、大きな意味があると言われています。

がより自然だと思います!

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

風力

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問