質問
1月22日

  • 中国語 (簡体字)
  • 日本語
日本語 に関する質問

子供の頃、お酒を盗んで飲むときには、いつか大いに飲もうと心からいつも望んでいた。1980年の中期になると、お酒が嫌いになった。1990年になってから、胃病にかかてちょっとだけ飲むことしかできなかった。ある間に、一向に飲まなかった。どんな仲良しでも、どんなにお酒が勧められても、飲まなかった。本当の友達の心を傷つけても、私に酔って正体をなくさせたい人がへこんでも、私のプライドが傷ついても、命は何よりも大切だと思っていた。
お酒を飲まないとお座敷から抜け出すことになって、外で見ることができる。傍観者にはよく見える。お座敷の闇ルールが多いことがよくわかってきた。
飲むにも勧めるにも方がある。絶えず口に出す勧める文句は、飲まずにはいられない勇気がわくという効力がある。お座敷である人を酔わせたら、大勝を得るように大喜びする。経験の豊富なベテランがお酒に強くなくても酔わないのは、お酒を飲む技術いわゆるわるさがあるからだ。グラスが空くになると見えるが、実にお腹には何も入らない。
最近、私はまたお酒を飲み始めた。薬として、安易に漢方薬を入れて少しだけ毎日ゆっくりすする。お座敷に行きたくなくなることは、四十歳になった後の大きな進歩だろう。
この表現は自然ですか?

回答
過去のコメントを読み込む

  • 日本語

  • 中国語 (簡体字)
[お知らせ]語学を学習中のあなたへ

この質問をシェアする
OGP image
似ている質問
新着質問
話題の質問
オススメの質問
前後の質問